人間健康学部 3つのポリシー

人間健康学部3つのポリシー

1ディプロマポリシー

人間健康学部は、修得単位上の卒業要件を満たしたうえで、以下のような力を身に付け、総合的な能力を修得したと判断される学生に対し、学士の学位を授与する。

健康栄養学科

「食と栄養」に関する専門的な知識及び指導実践力をもって食と栄養に関わり、関連する課題把握、並びに課題解決に主体的に携わることのできる総合的な能力を身につけている。

  • 専門的な知識と実践力をもとに、食と栄養を中心に人とそれを取りまく環境を科学的に探究し、関連する課題解決に主体的に携わることのできる総合的な能力を身につけている。
  • 自ら生きる現代社会とその成り立ちに関心を持ち、広い分野にわたる分析力・理解力を身につけ、深めた事象の理解のもと、自ら判断し行動できる能力を身につけている。
  • 地域社会を構成する一人の人間として不可欠な社会的マナーと、相互理解を達成できる能力を身につけている。

スポーツ健康学科

「運動とスポーツ」に関する専門的な知識及び指導実践力をもって運動とスポーツに関わり、健康の維持・増進並びにスポーツの振興に貢献できる総合的な能力を身につけている。

  • 専門的な知識及び実践力をもって「運動とスポーツ」に関わり、健康の維持・増進並びにスポーツの振興に貢献できる力を身につけている。
  • 自ら生きる社会と取り巻く環境に関心を持ち、広い視野で分析、理解し、自ら判断して行動する能力を身につけている。
  • 地域社会を構成する人として必要な社会性とコミュニケーション能力を、実習や実践を通して身につけている。

2カリキュラムポリシー

1.教育課程の編成方針

人間健康学部は、幅広い教養並びに基礎的能力と専門的能力を身につけた人間形成をめざし、以下の方針で教育課程を編成し実施している。

  • 教養科目をモジュール化して科目設定の意図を明らかにする。
  • 専門教育では講義、実験、実習、実技、及びゼミナールを階層的・横断的に配置し、専門基礎から、専門性応用・発展に段階的に進めるようにする。科目間の関連はカリキュラムツリーにより明示する。
  • 専門的な技能や知識の学びに加え、学外における実践教育を重視し、地域の健康問題に「食と栄養」・「運動とスポーツ」などの面から関わりをもてる科目を設定する。

2.教育目標

  • 学ぶことの意味や方法を理解させ、自主的かつ自立的な学びの姿勢や態度を育成する。
  • 地域や地域社会に関心を持たせ、健康問題など諸課題を多面的かつ論理的に理解する力を養成する。
  • 柔軟な発想と積極的な実践力を備えた社会人としての基礎力を養成するために、幅広い教養、語学力、メディアリテラシー等を培う。

3.教育方法に関する方針

健康栄養学科

食と栄養に関する知識や実践力を修得させ、分子から群集にいたる各階層での人の理解を基盤に、食と健康に関わる社会や地域の諸課題を解決する力を養成する。

スポーツ健康学科

運動とスポーツを人文・社会・自然科学など学際的・総合科学的視点から理解させ、学ばせること及び、技術面や指導力の向上が必要であり重視している。

3アドミッションポリシー

人間健康学部は、学部及び学科の教育研究上の目的、並びにディプロマ・ポリシーに基づき、それぞれ以下のような観点、項目に関心のある人材を受け入れるため、専門領域ごとの特性にあった多様な入学制度を設けて、幅広く人材を受け入れることを基本としている。

健康栄養学科

  • 栄養と健康に強い興味・関心のある人
  • 栄養や健康を通じて、地域社会に貢献したい人
  • 現代社会における食の課題解決に積極的に取り組む意欲のある人

スポーツ健康学科

  • 運動とスポーツを通して地域の活性化や健康づくりに取り組もうとする人
  • 地域を生かしたヘルスケア・スポーツビジネスモデルづくりに挑戦しようとする人
  • 子どものこころと身体を育てる体育科教育や健康教育を創造し新たな学校教育を推進しようとする人

松本大学・松商短期大学部・大学院全体の建学の精神、理念、使命・目的、ポリシー

Copyright © Matsumoto University All Rights Reserved.