教育学部 3つのポリシー

教育学部3つのポリシー

1ディプロマポリシー

教育学部は、修得単位上の卒業要件を満たしたうえで、以下のような力を身に付け、総合的な能力を修得したと判断される学生に対し、学士の学位を授与する。

  • 長野県の初等教育を誠実に担って行こうとする意欲を持った人材[地元力]
    学校教育の周辺分野において、学校現場をサポートできる力量を持ち、地域社会の発展と地域文化の振興に資する力量を持った人材も包摂している。
  • 子どもの発達段階に応じた育ちのあり様を理解しようとする人材[子ども理解力]
    現場体験の中で子ども達の行動様式を観察・確認するだけではなく、心理学的な学びを深めることで、子ども個々人の内面からの洞察も加えられるようにする。
  • 子どもの学ぶ力を引き出す分かりやすい授業を展開できる人材[授業力]
    初等教育の基本となる、分かりやすくやる気を引き出せる授業を展開できる能力や児童の間違った思考過程をクラス全体の深い理解に活かせる柔軟な指導力を獲得する。
  • 子どもの個性を尊重しながら学級を運営できる人材[学級運営力]
    学級の構成員である子ども達の和を保ちつつ、それぞれの能力を引き出し、学校で学ぶことが楽しいと思えるクラス運営を実施できる力を獲得する。
  • 同僚の協力を得ながら生徒指導の諸課題に対応できる人材[生徒指導力]
    最近の複雑な様相を呈する生徒指導・進路指導の諸課題に、人間的幅の広さを備えて、他の教師と協力しながら対応できる力を培う。
  • 地域の力を学校教育に導入・活用できる人材[地域連携力]
    児童の多様な能力を引き出すには、保護者を含む地域の教育力を学校に取り込み、地域と一体となって子ども達を育てる、柔軟かつ原則的な対応ができる能力を培う。
  • 同僚と協力して学校運営をできる人材[学校運営力]
    他の教師と協力して学校運営に携わることができるのは、学校に生起する諸課題を前向きに改善するために必要な資質であり、その力を獲得する。
  • 自分の守備範囲を拡げることに意欲的である人材[自己開拓力]
    小学校の教員免許取得にとどまらず、特別支援学校や中学校の一種免許など時代の要請に応えて、自分が携わることのできる教育の範囲を絶えず拡げようとする意欲的な姿勢を養成する。

2カリキュラムポリシー

1.教育課程の編成方針

  • 教養科目と専門科目のバランスがとれた配置で、専門性の獲得とそれを支える広く深い教養を身につけ、教育者あるいはその支援者としての魅力を高める。
  • 教養科目はモジュール化し、科目設定の意図を明示する。
  • 教師としての八つの力を基に、小学校教諭一種免許や特別支援学校教諭一種免許を取得する専門的力量を身につけることができる専門科目を配置する。
  • 教育現場との交流を重視した「教育実践科目群」や「教育実習科目群」を配置する。

2.教育内容

  • 地域の実情を知り、子どもに寄り添った学びを展開できるように、教養科目に「地域を考える科目群」や専門応用・発展科目の中に「教育深化と心理科目群」を置くなど、独自の工夫を取り入れる。
  • 地域社会と連携した学校運営で、どの子にも行き届いた初等教育の実現を目指し、学ぶことが楽しい学校生活の実現に向け、信州型コミュニティスクールの進展に寄与できる力を養う。
  • 地域社会、特に教育現場との交流を日常化し、教育実習以外でも密接にして、地域の初等教育を担う、あるいは学校教育に関連する分野において地域の教育力の向上を図るという自覚の高い人材を育成する。
  • グローバル化が進む社会に対応して、将来の初等教育における英語教育のあり方の進展に機敏に対応する。
  • 子ども達へのICT化の波がどのように押し寄せているかを認識し、有効な利用方法のみならず、その危険性についても適正な教育ができる基礎的な知識を獲得する。

3.教育方法

  • 座学だけではなく、教育現場との結びつきを強め、子ども達の実態に基づいた教育ができるようにするため、PBL型のアクティブラーニングを取り入れた授業展開を重視する。
  • 学生間同士の切磋琢磨により、教員としての力量の向上を目指すため、「教学半」のような学びのスペースや、教員への積極的質問を受けつける相談窓口としての各種センターを設け対応する。
  • ゼミナール等少人数教育を推進し、講義以外の演習や実習形式の授業も重視する。
  • 正課外の活動にも、教師としての成長を促す要素が数多くあることから、学生の自主的な課外活動を支援する。

4.評価

  • 一貫した教育目標・内容・方法を設定して、学生の活動意欲の向上と学修支援に取り組み、厳正な出席管理や成績評価を実施する。
  • GPA値の見える化など、学修成果をフィードバックすることで、PDCAサイクルを自身で回し、絶えず学修計画の見直しを図れるようにする。その判断結果の妥当性等を、ゼミナール担当教員等が話し合いの中で評価しアドバイスする。
  • 「教育実習」とその事後指導や「卒業論文」など、学修成果をまとめ発表させることで、学位授与に向けた人材育成の達成度評価の場とする。

3アドミッションポリシー

教育学部は、学部及び学科の教育研究上の目的、並びにディプロマ・ポリシーに基づき、それぞれ以下のような観点、項目に関心のある人材を受け入れるため、専門領域ごとの特性にあった多様な入学制度を設けて、幅広く人材を受け入れることを基本としている。

本学部が期待する次の①~⑦の姿勢の内、①~③をすべて満たし、④~⑦の少なくとも1つ以上を満たしていること。

  • 子どもの人格形成に大きな影響を及ぼす存在になるという自覚を持った人
  • 子どもが好きで、子どもに寄り添いながらその成長を願う心を持った人
  • 子どもの教育に必要な知識、技能、表現力を積極的に身につけようとする人
  • 自ら課題設定ができ、その解決に向けて前向きに努力しようとする人
  • 幅広い分野に興味・関心を持ち、絶えず自身の許容量を広げようとする人
  • 教育現場の教職員、保護者を含む地域の方々との連携を重視し、協働できる人
  • 同僚との協力を強め、地域の教育の質向上に向けて絶えず努力できる人

たとえ入学前には満たしていない項目があっても、大学で学ぶ間に身につけていくことを望む。

松本大学・松商短期大学部・大学院全体の建学の精神、理念、使命・目的、ポリシー

Copyright © Matsumoto University All Rights Reserved.