学部学科・大学院

  1. ホーム
  2. 学部学科・大学院
  3. 【松本大学大学院】長期履修学生制度

長期履修学生制度とは、職業を有している等の社会人を対象に、標準修業年限(修士課程2年)を超えて教育課程を履修することを認める制度です。 個人の事情にも柔軟に対応し、ゆったりとしたペースで授業を受けられるので、仕事との両立に不安を感じている人も修学しやすくなります。 授業料は、総額(2年分)を認められた修業年限(3年以上4年まで)に分割して納入することになります。
松本大学大学院では、平成28年度から長期履修学生制度を導入しています。詳しくは、入試広報室にご相談ください。

対象者

職業を有している等の事情により標準修業年限を超えて計画的な履修を希望する者。

学費

通常の2年分の授業料を認められた修業年限(3年以上4年まで)で分割納入することになります。

松本大学大学院 長期履修学生制度

申請方法

  • • 指導予定教員の指導のもとに計画的な授業の履修および研究計画を記載した
    「長期履修学生申請書」(所定の様式)と「在職等証明書」を入学試験の出願時に提出し、申請してください。
  • • 長期履修学生の申請の許可は、入学試験の合格発表時に行います。

長期履修学生制度に関するお問い合わせは入試広報室へお問い合わせください。

  • 松本大学 入試広報室

Webからのお問い合わせ

  • フリーダイヤル0120-50-7200
  • 電話0263-48-7201

ページ先頭へ