学部学科・大学院

  1. ホーム
  2. 学部学科・大学院
  3. 【人間健康学部】3つのポリシー

ディプロマポリシー

人間健康学部は、大学の使命・目的および、学部の教育研究上の目的を踏まえ、ベーシック科目、キャリア系科目、専門科目によって編成される学士課程教育において、取得単位上の卒業要件を満たした上で、それぞれ以下のような力を身につけ、総合的な能力を修得したと判断される学生に対し、学士(健康栄養学、スポーツ健康学)の学位を授与する。

【健康栄養学科】

「食と栄養」に関する専門的な知識及び指導実践力をもって食と栄養に関わり、関連する課題把握、並びに課題解決に主体的に携わることのできる総合的な能力を身につけている。

【スポーツ健康学科】

「運動とスポーツ」に関する専門的な知識及び指導実践力をもって運動とスポーツに関わり、健康の維持・増進並びにスポーツの振興に貢献できる総合的な能力を身につけている。

カリキュラムポリシー

1. 教育目標並びに課程の編成・実施の方針

人間健康学部は、幅広い教養並びに基礎的能力と専門的能力を身につけた人間形成を目指し、専門教育では、講義及びゼミナールなどで専門的な技能や知識を学内で学ぶことに加え、学外における実践教育を重視し、地域の健康問題に「食と栄養」・「運動とスポーツ」などの面から関わり、その課題解決に貢献できる総合的な能力を身につけた人材を育成することに重きをおいている。

【両学科共通】

  • 学ぶことの意味や方法を理解し、自主的かつ自立的学びの姿勢・態度を育成する。
  • 地域や地域社会に関心を持ち、健康問題など諸課題を多面的かつ論理的に理解する力を養成する。
  • 柔軟な発想と積極的な実践力を備えた社会人としての基礎力を養成するために、幅広い教養、語学力、メディアリテラシー等を培う。

【健康栄養学科】

学科の教育研究上の目的を踏まえ、食物や栄養だけでなく、社会や地域環境、生理・生体レベルからの解明が必要であり重視している。

【スポーツ健康学科】

運動とスポーツを人文・社会・自然科学など学際的・総合科学的視点から理解し学ぶこと及び、技術面並びに指導力の向上が必要であり重視している。

2. 教育内容

基本的には、各科目担当者の自主的な内容づくり・編成に依拠しており、加えて、シラバス作成の段階で学部教務委員が確認している。また、健康栄養学科は「管理栄養士国家試験」に必要な科目が多く、主としてそれに沿った内容が展開されており、スポーツ健康学科では、「健康運動指導」「教員養成(保健体育・養護)」「スポーツ振興」の3分野を学びの柱とし、それを前提に履修科目及び内容をモデル的に示し学生の履修を誘っている。

3. 教育方法

ゼミナール・クラスなどの少人数教育を通じて学生個々の状況を的確に把握し、それぞれに合致した教育を行い支援している。また、人間健康学部は、実践的な力を身につけることを重視しており、実習科目及び病院など学外の関係協力機関・団体における臨地実習やアウトキャンパススタディなど、多様な教育方法を取り入れている。

4. 評価

以上のように、一貫した教育目標・内容・方法を設定して学生の学習意欲の向上と学習支援に取り組み、出席管理を厳正に行うとともに、成績評価についてもその基準を明示しGPAを重視するなど厳格化・適正化を進めている。さらに、4年間の学習成果を「卒業論文」としてまとめることで、幅広い健康に関する理論と研究・実践力を培い、学部ディプロマ・ポリシーに示した学位授与に向けて人材養成に務めている。

アドミッションポリシー

人間健康学部は、学部および学科の教育研究上の目的、並びにディプロマ・ポリシーに基づき、それぞれ以下のような観点、項目に関心のある人材を受け入れるため、専門領域ごとの特性にあった多様な入学制度を設けて、幅広く人材を受け入れることを基本としている。

【健康栄養学科】

  • 栄養と健康に強い興味・関心のある人
  • 栄養や健康を通じて、地域社会に貢献したい人
  • 現代社会における食の課題解決に積極的に取り組む意欲のある人。

【スポーツ健康学科】

  • 運動・スポーツを通して、地域の活性化や健康づくりに取り組もうとする人。
  • 地域を生かしたスポーツビジネス・モデルづくりに挑戦しようとする人。
  • 子どものこころと身体を育てる体育科教育や健康教育を創造し、新たな学校教育を推進しようとする人。

ページ先頭へ