キャリア支援

  1. ホーム
  2. キャリア支援
  3. 教員免許状更新講習

平成29年度 松本大学 教員免許状更新講習募集要項

1. 概要

教員免許更新制は、その時々で教員として必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技能を身に付けることで、教員が自信と誇りを持って教壇に立ち、社会の尊敬と信頼を得ることを目指すものです。
詳しくは、文部科学省及び長野県教育委員会等のHPをご覧ください。

2. 更新講習の内容

受講者は、必修領域講習を6時間以上、選択必修領域講習を6時間以上、選択領域講習を18時間以上の計30時間以上を受講する必要があります。それぞれの講習の領域は以下のとおりです。

必修領域

  • 全ての受講者が受講する領域
  • 必要受講時間は6時間

選択必修領域

  • 受講者が所有する免許状の種類、勤務する学校の種類又は教育職員としての経験に応じ、選択して受講する領域
  • 必要受講時間は6時間

選択領域

  • 受講者が任意に選択して受講する領域
  • 必要受講時間は18時間
  • 現在就いている、教諭、養護教諭、栄養教諭の「職」に対応した講習を受講

3. 受講対象者

※受講対象者であるかどうかの問い合わせは教育委員会等に本人が必ず行ってください。
(1)受講義務がある者
免許状を持つ者で、修了確認期限までに免許状更新講習を受講・修了し、免許管理者に修了確認を受けなければならない者は次のとおりです。
  • 現職教員(指導改善研修中の者を除く。)
  • 教育長、教育次長
  • 教育委員会事務局の課長その他これに準じる職の者
  • 教育機関(学校を除く。)の長その他これに準じる職の者
    • 総合教育センター所長 など
  • 指導主事、社会教育主事、専門主事
    • 教育委員会事務局、現地機関及び教育機関の指導主事
    • 専門主事(埋蔵文化財センターの職員及び県立歴史館の職員のうち、学校に勤務したことのない者を除く。)
    • 県民文化部次世代サポート課の青少年指導主事 など
  • 県立学校又は市町村立学校において教員として任命された者で、任命権者の要請に応じ、県若しくは市町村の職員又は国立大学法人の役員若しくは職員として学校教育又は社会教育に関する専門的事項の指導等に関する事務に従事している者
  • 学校法人の理事
(2)修了確認期限(有効期間満了日)の確認
平成22年3月31日までに授与された普通免許状または特別免許状を有する現職教員等は、各自の生年月日に対応する最初の修了確認期限を(別表1)により確認してください。なお、栄養教諭普通免許状を所持する者は(別表2)により確認してください。
(別表1)《教諭免許状又は養護教諭免許状所持者の最初の修了確認期限》
受講対象者の生年月日 最初の修了確認期限 免許状更新講習の受講期間
昭和37年4月2日~昭和38年4月1日 平成30年3月31日 平成28年2月1日~
平成30年1月31日
昭和47年4月2日~昭和48年4月1日
昭和57年4月2日~昭和58年4月1日
昭和38年4月2日~昭和39年4月1日 平成31年3月31日 平成29年2月1日~
平成31年1月31日
昭和48年4月2日~昭和49年4月1日
昭和58年4月2日~昭和59年4月1日
(別表2)《栄養教諭免許状所持者の最初の修了確認期限》
免許状を授与された日 最初の修了確認期限 免許状更新講習 の受講期間
平成19年4月1日から平成20年3月31日までに栄養教諭の普通免許状を授与された旧免許状所持者 平成30年3月31日 平成28年2月1日~
平成30年1月31日
平成20年4月1日から平成21年3月31日までに栄養教諭の普通免許状を授与された旧免許状所持者 平成31年3月31日 平成29年2月1日~
平成31年1月31日
  • 栄養教諭の旧免許状とそれ以外の旧免許状の両方を所持している場合も(別表2)の整理にしたがって受講してください。
    ただし、栄養教諭以外の旧免許状(教諭又は養護教諭)を所持している者で、平成21年4月以降に栄養教諭免許状を授与されたものについては、(別表1)にしたがって終了確認期限が割り振られます。
■現職教員等の失職(公立学校等)
現職教員・指導主事などの免許状更新講習の受講義務がある者は、更新講習を受講・終了し、更新申請を行わない場合等は、所持する全ての免許状が失効し、失職することになります。
お問い合わせ先・申込書類郵送先
  • 松本大学 教員免許状更新講習支援室〒390-1295 長野県松本市新村2095-1
  • 担当 田嶋・中野
  • 電話:0263-48-7260
  • FAX:0263-48-7290
  • メール:

ページ先頭へ