学部学科・大学院

  1. ホーム
  2. 学部学科・大学院
  3. 【教員紹介】総合経営学部 総合経営学科
  4. 木村 晴壽

【教員紹介】総合経営学部 総合経営学科

木村 晴壽(きむら はるひさ)

役職・職階 教授
学内分掌 地域連携戦略会議議長
所属 総合経営学部 総合経営学科
最終学歴 早稲田大学大学院商学研究科博士課程
学位 商学修士(早稲田大学、1980年3月)
資格 国内旅行業務取扱管理者/総合旅行業務取扱管理者/通訳案内士
専門分野 日本経済史/地方行財政史
所属学会 社会経済史学会/経営史学会 等
主要担当科目 日本経済史/地域産業史/博物館資料論/地域史(地誌)
研究課題 幕末~明治期の貿易金融/地方商工会議所の歴史/地域活性化と大学教育

研究業績/教育実績(主な著書・論文)

区分著書・論文名等発行所・掲載誌(書)・著書等刊行等年月
著書(共著)江戸時代人づくり風土記・群馬版農文協1997年
著書(共著)群馬県史通史編 近世2群馬県1991年
論文行政指導下のいわゆる地元民主主義『松本大学研究紀要』15号2017年1月
論文戦後の大店規制に関わる立法過程と商調協『地域総合研究』16号2015年7月
論文明治~大正期松本地域の商工業と松本商工会議所『地域総合研究』15号2014年9月
論文昭和戦前期の百貨店問題と中小小売商『松本大学研究紀要』12号2014年3月
論文反産運動の展開と地方商工会議所『松本大学研究紀要』11号2013年1月
論文戦前日本の商業会議所立法『松本大学研究紀要』7号2009年 1月
研究ノート東日本大震災と大学による「地域丸ごと支援」の実践『地域活性研究』3号2012年3月
報告書(含む実践報告書)(事例報告)地方創生プログラムと大学の地域連携活動『地域活性研究』Vol.72016年3月
教科書地域史松本大学2014年
教科書地域産業史松本大学2014年
教科書日本経済史松本大学2014年
各種申請(採択)文部科学省平成25年度「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」ー地域社会の新たな地平を拓く牽引力、松本大学ー 申請・採択文部科学省2013年
各種申請(採択)文部科学省平成20年度「新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム」
-若者の地元定着につなげる地域活動の支援-申請・採択
文部科学省2009年

主な社会貢献活動

社会貢献活動活動年月日
松本市文書館運営協議会委員2015年~現在に至る

ゼミナール

テーマ/概要
近世~近代日本の経済・経営・文化等の歴史研究
江戸時代から明治・大正・昭和に至るこれまでの歴史に関する調査・分析の手法を、特にジャンルを限定せずに学ぶ。
学芸員等の資格に関わる訓練も行う。
ゼミ生研究内容
(テーマ)
  • 長野県の誕生史、地域の生活史、キリスト教教育史と財界人

関連ニュース一覧表示

ページ先頭へ