学部学科・大学院

  1. ホーム
  2. 学部学科・大学院
  3. 【教員紹介】教育学部 学校教育学科
  4. 守 一雄

【教員紹介】教育学部 学校教育学科

守 一雄(もり かずお)

役職・職階 教授
所属 教育学部 学校教育学科
最終学歴 筑波大学大学院博士課程
学位 教育学博士
専門分野 教育心理学
所属学会 Association for Psychological Science/Society for Applied Research in Memory and Cognition
主要担当科目 教育心理学
職歴 信州大学教育学部/東京農工大学大学院工学研究院
研究課題 自己効力感/数学嫌い/目撃記憶変容/社会的同調/読書教育

研究業績/教育実績(主な著書・論文)

区分著書・論文名等発行所・掲載誌(書)・著書等刊行等年月
著書コネクショニストモデルと心理学北大路書房2001年
著書チビクロこころ:中学生高校生のための心理学入門北大路書房1999年
著書やさしいPDPモデルの話新曜社1996年
著書認知心理学岩波書店1995年
論文Mori, K. (2018) Assessment of the Implicit Attitude of Japanese People toward Blacks and Little Black Sambo.Open Journal of Social Sciences, 6, 1-13.2018年
論文Uchida, A. & Mori, K. (2017) Detection and Treatment of Fake Math-Dislikes among Japanese Junior High School Students. International Journal of Science and Mathematics Education, doi: 10.1007/s10763-017-9825-32017年
論文Mori, K. (2016) Updating the Asch conformity study.Psychology Review Magazine, 22(1), 27-29.2016年
論文Kudo, H. & Mori, K. (2015) A preliminary study of increasing self-efficacy in junior high school students: Induced success and a vicarious experience. Psychological Reports, 117, 631-642.2015年
論文Mori, K. & Kishikawa, T. (2014) Co-witness auditory memory conformity following discussion: A misinformation paradigm. Perceptual and Motor Skills, 118(2), 533-547. doi: 10.2466/24.22.PMS.118k22w42014年
論文Mori, H. & Mori, K. (2013) An implicit assessment of the effect of artificial cheek raising: When your face smiles the world looks nicer. Perceptual and Motor Skills, 116(2), 466-471. doi: 10.2466/24.50.PMS.116.2.466-4712013年
論文Mori, K. & Uchida, A. (2012) The leading group effect: Illusionary declines in scholastic standard scores of mid-range Japanese junior high school pupils. Research in Education, 87, 64-74. doi: 10.7227/RIE.87.1.52012年
論文French, L., Garry, M., & Mori, K. (2011) Relative―not absolute―judgments of credibility affect susceptibility to misinformation conveyed during discussion. Acta Psychologica, 136, 119-128. doi: 10.1016/j.actpsy.2010.10.0092011年
論文Mori, K. & Arai, M. (2010) No need to fake it: Reproduction of the Asch experiment without using confederates.International Journal of Psychology, 45, 390-397. doi: 10.1080/002075910037744852010年
論文Mori, K. & Uchida, A. (2009) Can contrived success affect self-efficacy among junior high school pupils? Research in Education, 82, 60-68. doi: 10.7227/RIE.82.52009年
論文Mori, K., Uchida, A., & Imada, R. (2008) A Paper-format group performance test for measuring the implicit association of target concepts. Behavior Research Methods, 40(2), 546-555. doi: 10.3758/BRM.40.2.5462008年
論文Mori, K. (2007) Projecting two words with one machine: A method for presenting two different visual stimuli using just one projector without viewers' noticing the duality. Behavior Research Methods, 39(4), 811-815. doi: 10.3758/BF031929732007年
論文Hirokawa, K., Matsuno, E., Mori, K., & Ukita, J. (2006) Relationship between masculinity-femininity and concession in an experimental collaborative eyewitness testimony.Asian Journal of Social Psychology, 9, 132-139. doi: 10.1111/j.1467-839X.2006.00190.x2006年
論文Mori, K. (2005) A comparison of amusingness for Japanese children and senior citizens of The Story of Little Black Sambo in the traditional version and nonracist version. Social Behavior and Personality, 33(5), pp.455-466. doi: 10.2224/sbp.2005.33.5.4552005年
論文Mori, K. (2003) Surreptitiously projecting different movies to two subsets of viewers. Behavior Research Methods, Instruments, and Computers, 35, pp.599-604. doi: 10.3758/BF031955392003年
訳書・翻訳人間この信じやすきもの新曜社1993年

主な社会貢献活動

社会貢献活動活動年月日
文部科学省科学技術学術審議会 専門委員(人文社会系)2006年~2008年
信州大学生協・平安堂書店共催「書評コンクール」 審査委員2004年~2009年
信濃毎日新聞 書評委員2001年~2002年

ゼミナール

テーマ/概要
潜在意識にかかわる諸問題・諸現象の研究
「自分のことは自分が一番よく知っている」と思っているかもしれませんが、実は私たちの活動のほとんどが無意識のうちになされているものです。では、そうした意識できない自分をどう研究したらいいのでしょうか?一緒に考えてみましょう。
ゼミ生研究内容
(テーマ)
  • 潜在意識測定技法の開発と妥当性信頼性の検証
  • 潜在意識調査を活用した偽装数学嫌いの検出と救済法
  • 潜在意識調査を活用した学校嫌い予備軍の早期発見と対策

関連ニュース一覧表示

ページ先頭へ