学部学科・大学院

  1. ホーム
  2. 学部学科・大学院
  3. 【教員紹介】教育学部 学校教育学科
  4. 小林 敏枝

【教員紹介】教育学部 学校教育学科

小林 敏枝(こばやし としえ)

役職・職階 教授
所属 教育学部 学校教育学科
最終学歴 信州大学大学院
学位 教育学修士
専門分野 健康/スポーツ科学/障害者スポーツ
所属学会 運動生理学会/小児保健学会/日本発育発達学会/日本水泳水中運動学会/日本足の外科学会
主要担当科目 肢体不自由児の心理・生理・病理/特別支援教育入門/スポーツとノーマライゼーション/障害児臨床支援演習
職歴 清泉女学院短期大学/信州大学教育学部非常勤講師
研究課題 幼児の運動能力、土踏まず、足趾圧について
障がい児の下肢アライメントとバランス能力
障がい者の水中運動時の体温・心拍数の変化
高齢者の健康と体力について

研究業績/教育実績(主な著書・論文)

区分著書・論文名等発行所・掲載誌(書)・著書等刊行等年月
著書(共著)このまちでくらしたい
―子ども版 ながのプラン―
長野市2007年3月
著書(共著)輝いて生きるためのウエルネスほおずき書籍2007年1月
著書(共著)医療スタッフのためのムーブメントセラピー株式会社メディカ出版2003年3月
論文マレーシア特別支援学校における水泳療法の指導について清泉女学院短期大学研究紀要
第34号
2016年3月
論文幼児の足裏と運動能力に関する日中比較研究松本大学研究紀要2016年1月
論文Effect of a Two-years Health Program on Brain
Function, Physical Fitness and Blood Chemistry.
Community Medicine &Health
Education Volume5
2015年8月
論文障害児の水中運動前後の体温変化について清泉女学院短期大学研究紀要
第33号
2015年3月
論文障害児・者に対する水中運動の影響について―障害者シンクロナイズドスイミングの効果について―清泉女学院短期大学研究紀要
第32号
2014年3月
論文障害のある子どもの支援について―障害のある乳幼児支援の現状と課題―清泉女学院短期大学研究紀要
第25号
2006年3月
学会発表発達障害児の後足部下肢アライメントと片足バランスとの関係について第41回日本足の外科学会2016年11月
学会発表水中運動サークル参加が障害児およびその家族に及ぼす影響について日本水泳水中運動学会2012年10月
学会発表障害者シンクロナイズドスイミングについての一考察第12回日本アダプテッド体育・スポーツ学会2008年12月
学会発表水中運動前後の体温変化―障害のある幼児の水中運動教室の実践から―第8回アジア障害者体育・スポーツ学会日本支部会2004年11月
学会発表二分脊椎児の水中運動前後の体温変化第20回日本二分脊椎研究会2003年7月

主な社会貢献活動

社会貢献活動活動年月日
長野市社会事業協会 評議員2017年4月~
長野県障がい者スポーツ推進会議 委員2016年~現在に至る
長野市社会福祉審議会 審議委員2013年~現在に至る
NPO長野ウエルネス大学 理事2006年~現在に至る
日本障害者シンクロナイズドスイミング協会 副会長1995年~現在に至る

ページ先頭へ