学部学科・大学院

  1. ホーム
  2. 学部学科・大学院
  3. 【教員紹介】松本大学大学院
  4. 進藤 政臣

【教員紹介】松本大学大学院

進藤 政臣(しんどう まさおみ)

役職・職階 教授
所属 松本大学大学院 健康科学研究科
人間健康学部 健康栄養学科
最終学歴 信州大学医学部医学科
学位 医学博士(信州大学、1986年3月)
専門分野 内科学/神経内科学/臨床神経生理学/運動制御
所属学会 日本内科学会/日本神経学会/日本臨床神経生理学会/日本神経科学学会
主要担当科目 ▼健康科学研究科
健康科学特論/神経生理学特論/運動調節機構演習
▼健康栄養学科
医学概論、解剖学、臨床医学各論、健康栄養演習、卒業研究
職歴 信州大学医学部・保健管理センター/国立病院機構長野病院(現:信州上田医療センター)
研究課題 ヒトにおける運動制御機構の解析

研究業績/教育実績(主な著書・論文)

区分著書・論文名等発行所・掲載誌(書)・著書等刊行等年月
著書Oligosynaptic inhibition of group I afferents between the brachioradialis and flexor carpi radialis in humans.Neurosci Resin press
著書Facilitation from flexor digitorum superficialis to extensor carpi radialis in humans.Exp Brain Resin press
著書Facilitation from hand muscles innervated by the ulnar nerve to the extensor carpi radialis motoneurone pool in
humans. A study with an electromyogram-averaging technique.
J Clin Neurophysiolin press
著書(共著)Clinical Neurophysiology: From Receptors to Perception.Elsevier1999年
著書(共著)Physiology of ALS and Related Diseases.Elsevier1997年
著書(共著)Alpha and Gamma Motor Systems.Plenum Press1995年
著書(共著)Muscle Afferents and Spinal Control of Movement.Pergamon Press, Oxford1992年
著書(共著)Parkinson's Disease and the Problems of Clinical Trials.Smith-Gordon, London1992年
論文Modulation of brachioradialis motoneuron excitabilities by group I fibers of the median nerve in humans.Tohoku J Exp Med2007年
論文Lack of modulation of Ib inhibition during antagonist contraction in spasticity.Neurol2006年
論文Paradoxical modulation of tendon tap reflex during voluntary contraction in Parkinson's disease.Clin Neurophysiol2005年
論文Compound muscle action potentials during repetitive nerve stimulation.Muscle Nerve2004年
論文Abnormal conditioning effect of transcranial magnetic stimulation on soleus H-reflex during voluntary movement in Parkinson's disease.Clin Neurophysiol2002年
論文Decrease in presynaptic inhibition on heteronymous monosynaptic Ia terminals in patients with Parkinson's disease.Movement Disorders2000年
論文Increase in reciprocal Ia inhibition during antagonist contraction in the human leg: a study of motor units and the H reflex.J Physiol1995年
論文Conditioning effect in single motoneurones. A new method using the unitary H reflex.J Physiol1994年
論文Increase in Ib inhibition by antagonistic voluntary contraction in man.J Physiol1991年
教科書(共著)疾病の成り立ち:臨床医学 第2版建帛社2015年
教科書(共著)臨床神経内科学.第4版.南山堂,東京2000年
教科書(共著)内科学大系,Part XIII 神経・筋疾患部門,第68巻「神経変性疾患」中山書店,東京1997年
教科書(共著)医科臨床生理学医歯薬出版,東京1993年

主な社会貢献活動

社会貢献活動活動年月日
長野県松本深志高等学校 評議員2013年~2015年
長野県診療報酬支払基金 審査委員2003年~2011年5月
上田市医師会 理事2002年~2009年
日本臨床神経生理学会 評議員1997年~2013年
日本神経学会 評議員1987年~2011年5月

ページ先頭へ