学部学科・大学院

  1. ホーム
  2. 学部学科・大学院
  3. 【教員紹介】人間健康学部 健康栄養学科
  4. 羽石 歩美

【教員紹介】人間健康学部 健康栄養学科

羽石 歩美(はねいし あゆみ)

役職・職階 助手
所属 人間健康学部 健康栄養学科
最終学歴 信州大学大学院総合工学系研究科
学位 博士/農学(信州大学、2012年9月)
専門分野 分子生物学/生化学
所属学会 生化学会/健康食品管理士会
研究課題 栄養素とホルモンによる遺伝子発現の調節機構の解析

研究業績/教育実績(主な著書・論文)

区分著書・論文名等発行所・掲載誌(書)・著書等刊行等年月
論文腸内細菌代謝産物によるインスリン誘導性遺伝子の発現制御New Food Industry 2014年3月
論文緑茶カテキンによるインスリン誘導性転写因子遺伝子 SHARP-1 の発現調節機構の解析New Food Industry2012年10月
論文Analysis of induction mechanisms of an insulin-inducible transcription factor SHARP-2 gene by (-)-epigallocatechin-3-gallate.J. Agric. Food Chem. 602012年9月
論文Analysis of regulatory mechanisms of an insulin-inducible SHARP-2 gene by (S)-Equol.Arch. Biochem. Biophys. 5252012年9月
論文(-)-Epigallocatechin-3-gallate stimulates both AMP-activated protein kinase and nuclear factor-kappa B signaling pathways.Food Chem. 1342012年9月
論文(-)-Epigallocatechin-3-gallate enhances the expression of an insulin-inducible transcription factor gene via a phosphoinositide 3-kinase/atypical protein kinase C lambda pathway.J. Agric. Food Chem. 592011年12月
論文ゲニステインによるインスリン誘導性転写因子 SHARP-2 の発現調節機構の解析New Food Industry2011年11月
論文Genistein stimulates the insulin-dependent signaling pathway.Front. Biosci. E3,2011年6月
論文A C-terminal amino acid substitution in the gamma-chain caused by a novel heterozygous frameshift mutation (Fibrinogen Matsumoto VⅡ) results in hypofibrinogenaemia.Thromb. Haemost. 204(2)2010年8月
論文インスリン誘導性転写因子SHARP-2 遺伝子の発現を誘導できる大豆成分の検索大豆たん白質研究 SOY PROTEIN RESEARCH, JAPAN Vol. 122009年 10月
論文Recombinant variant fibrinogens substituted at residues gamma 326Cys and gamma 339Cys demonstrated markedly impaired secretion of assembled fibrinogen.Thromb. Res. 124 (3)2009年 7月
論文Citrullinated fibrinogen shows defects in FPA and FPB release and fibrin polymerization catalyzed by thrombin.Clin. Chim. Acta. 401 (1-2)2009年 3月
論文ZHX2 and ZHX3 repress cancer markers in normal hepatocytes.Front. Biosci. 142009年 1月
論文B:b interactions are essential for polymerization of variant fibrinogens with impaired holes 'a'.J. Thromb. Haemost. 5 (12)2007年 12月
学会発表インスリン誘導性転写因子 SHARP-2 遺伝子の (S)-Equol による発現制御機構の解析第85回日本生化学大会2012年12月
学会発表大豆イソフラボンと遺伝子発現第5回健康長寿長野研究会シンポジウム2012年1月
学会発表インスリン誘導性転写因子 SHARP-2 遺伝子のEGCG による発現制御機構の解析第84回日本生化学会大会2011年9月
学会発表(-)-epigallocatechin-3-gallete regulates the gene expression of an insulin-inducible transcription factor, SHARP-2第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会合同大会2010年 12月

関連ニュース一覧表示

ページ先頭へ