学部学科・大学院

  1. ホーム
  2. 学部学科・大学院
  3. 【教員紹介】人間健康学部 健康栄養学科
  4. 浅野 公介

【教員紹介】人間健康学部 健康栄養学科

浅野 公介(あさの こうすけ)

役職・職階 助手
所属 人間健康学部 健康栄養学科
最終学歴 信州大学大学院総合工学系研究科生物・食料科学専攻博士課程修了
学位 博士/農学(信州大学、2012年9月)
専門分野 生化学/分子生物学
所属学会 日本生化学会
職歴 宝酒造株式会社 酒類食品研究所 基礎研究グループ
研究課題 栄養素とホルモンによる遺伝子発現の調節機構の解析

研究業績/教育実績(主な著書・論文)

区分著書・論文名等発行所・掲載誌(書)・著書等刊行等年月
論文Induction of the SHARP-2 mRNA level by insulin is mediated by multiple signaling pathways.Biosci. Biotechnol. Biochem. 81, 429-4362017年
論文5-aminoimidazole-4-carboxyamide-1-β-D-ribofranoside stimulates the rat enhancer of split- and hairy-related protein-2 gene via atypical protein kinase C lambda.J. Biochem. 159, 429-4362016年
論文Insulin stimulates the expression of the SHARP-1 gene via multiple signaling pathways.Horm. Metab. Res. 46, 397-402014年
論文Analysis of induction mechanisms of an insulin-inducible transcription factor SHARP-2 gene by (-)-epigallocatechin-3-gallate.J. Agric. Food Chem. 602012年
論文Analysis of regulatory mechanisms of an insulin-inducible SHARP-2 gene by (S)-Equol.Arch. Biochem. Biophys. 5252012年
論文(-)-Epigallocatechin-3-gallate stimulates both AMP-activated protein kinase and nuclear factor-kappa B signaling pathways.Food Chem. 1342012年
論文(-)-Epigallocatechin-3-gallate enhances the expression of an insulin-inducible transcription factor gene via a phosphoinositide 3-kinase/atypical protein kinase C lambda pathway.J. Agric. Food Chem. 592011年
論文Genistein stimulates the insulin-dependent signaling pathway.Front. Biosci. E32011年
論文インスリン誘導性転写因子 SHARP-2 遺伝子の発現を誘導できる大豆成分の検索大豆たん白質研究 vol122009年
総説ホルモンと食品成分による時計遺伝子 SHARPs の発現調節機構New Food Industry 57, 7-182015年
総説腸内細菌代謝産物によるインスリン誘導性遺伝子の発現制御New Food Industry 56, 57-65.2014年
総説緑茶カテキンによるインスリン誘導性転写因子遺伝子 SHARP-1 の発現調節機構の解析New Food Industry 542012年
総説ゲニステインによるインスリン誘導性転写因子 SHARP-2 の発現調節機構の解析New Food Industry 532011年
科学研究費(採択)(財)長野県科学振興会 科学研究費助成金2014年度
科学研究費(採択)(財)長野県科学振興会 科学研究費助成金2012年度
教科書訳書(共訳)骨の健康と栄養科学大事典, 第21章および第22章西村書店2009年5月

関連ニュース一覧表示

ページ先頭へ