学部学科・大学院

  1. ホーム
  2. 学部学科・大学院
  3. 【教員紹介】人間健康学部 スポーツ健康学科
  4. 齊藤 茂

【教員紹介】人間健康学部 スポーツ健康学科

齊藤 茂(さいとう しげる)

役職・職階 准教授
所属 人間健康学部 スポーツ健康学科
松本大学大学院 健康科学研究科
最終学歴 東北大学大学院教育情報学教育部博士課程後期単位取得退学
学位 修士/教育情報学(東北大学、2004年3月)、修士/臨床心理学(常葉大学、2016年3月)
資格 臨床心理士/スポーツメンタルトレーニング上級指導士/SAJスノーボードバッジテスト1級/サッカー協会公認C級コーチ
専門分野 スポーツ心理学
所属学会 日本心理臨床学会/日本臨床心理身体運動学会/日本箱庭療法学会/日本スポーツ心理学会/日本体育学会/日本教師学学会/日本障がい者スポーツ学会
主要担当科目 スポーツ心理学、スポーツコーチング論、メンタルトレーニング、体育実技VB(サッカー)、スキー・スノーボード、スポーツ健康演習、スポーツ科学入門、卒業研究
研究課題 熟達化/運動継続/障害者スポーツ

研究業績/教育実績(主な著書・論文)

区分著書・論文名等発行所・掲載誌(書)・著書等刊行等年月
著書(共著)スポーツメンタルトレーニング教本 三訂版大修館書店2016年12月
著書(共著)地域づくり再考 第2章2節「スポーツを通じたこどもの“ここそそだて”松本大学COC戦略会議2016年3月
著書(共著)スポーツメンタルトレーニング指導士活用ガイドブックベースボールマガジン社2010年8月
論文(共著)サッカー審判員の判定に関する心理学的考察
-大学生サッカー選手を対象とした審判員の判定に関する印象調査-
松本大学研究紀要 第15号2017年1月
論文教師の描画表現に関する研究常葉大学大学院健康科学研究科臨床心理学専攻・修士学位論文2016年3月
論文(共著)負けず嫌いとスポーツ動機づけの理解に向けて名古屋大学・総合保健体育科学2014年4月
論文(共著)Construction of a Mental Model of Coaching of Expert High School Soccer Coaches in Japan: How Do Expert Coaches Enhance Athletes' and Team Performance?Journal of Applied Sport Psychology,21(4)2009年10月
論文(共著)スポーツ選手の練習の「質」を分けるものは何か?
-エキスパート・スポーツ選手の熟達化過程における練習の「質」の定性的分析-
東北大学大学院・教育情報学研究 第6号2007年7月
論文(共著)高等学校サッカー選手の熟達化における家族の影響の質的分析東北体育学研究 第24巻第1号2006年12月
論文(共著)優れた指導者はいかにして選手とチームのパフォーマンスを高めるのか?~質的分析による高等学校サッカー指導者のコーチング・メンタルモデルの構築~スポーツ心理学研究 第32巻第1号2005年9月
論文(共著)エキスパート選手はどのようにしてサッカーへと専心していったのか?東北大学大学院・教育情報学研究 第3号2005年3月
論文(共著)Factors for the Acquisition of Exceptional Performance for Soccer Players under Eighteen.東北大学大学院・教育情報学研究 第1号2003年3月
受賞平成18年度日本スポーツ心理学会学会賞(最優秀論文)
科学研究費(採択)若手研究(B)
中途身体障害者エキスパートスポーツ選手を対象とした自己変容過程の質的分析
2013年4月
その他特集:心をつかむ指導法 指導者が選手の心をつかむためには?コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)2012年6月

主な社会貢献活動

社会貢献活動活動年月日
長野県障害者スポーツ指導者協議会 研修委員長2010年9月~現在に至る
一般社団法人長野県サッカー協会理事 学生委員長2010年4月~2014年3月31日
北信越大学サッカー連盟 長野県運営委員2010年4月~現在に至る
障害者競技スポーツ医・科学・情報サポート推進事業 競技団体サポートスタッフ(心理サポート)2009年5月1日~2013年3月31日

ゼミナール

テーマ/概要
スポーツ心理学領域における「なぜ?」、「どうして?」、「どのように?」を対象者の視点から追求する
「なぜあの選手はうまくなったのだろう?」、「どうしてあの選手は大舞台で力を発揮できたのだろう」、「優れた指導者はどのように指導しているのだろう」等の素朴な疑問に対する答え(=対象者にとっての「現実」)を、自分の目と足と心を使って追求しよう。
ゼミ生研究内容
(テーマ)
  • 選手は競技に対する不安とどう向き合っているのか?-エキスパート・スポーツ選手を対象とした不安への認知的対処過程の質的分析-
  • 人を支援するとはどういうことか?
  • 水泳選手が運動感覚を習得する過程において一流の指導者はどのような指導を行っているのか?
  • トップアスリートは、大舞台で力を発揮できているのか?‐ロンドンオリンピックにおける記録と自己ベスト記録の比較から‐
  • エキスパート・スポーツ選手の親はどのような思いで援助を行なうのか?

関連ニュース一覧表示

ページ先頭へ