教育・研究

  1. ホーム
  2. 教育・研究
  3. 教育方針

教育・研究活動

教育方針

地域の学びを通して、社会の最前線で活躍する人になる。

日本のほぼ中央に位置し、豊かな地域社会を築いてきた信州。
松本大学は、こうした地域の文化、経済、生活などの中にテーマを見いだし、それらを生きた教材とした独自の学びを行っています。

キャンパス内で理論を学び、地域をフィールドに実践・研究し、大学に戻って成果を検証・確認する。
こうした大学と地域を有機的に結びつけた学びは、学生一人ひとりの学習への意欲を高めるとともに、基礎学力、専門知識に加え、社会で求められる社会人基礎力を養います。
松本大学ならではの学びが、国内はもちろん海外でも、そしてどんな業界・職業でも活躍することのできる、真に必要とされる人材を育成します。

学ぶ意欲の高まり

実践への活用

地域社会の将来を担う人財育成とCOCの関係

地域連携教育を進めるだけではなく、教職員の専門分野での研究力を生かした地域貢献・連携に対する支援(地域総合研究センター)も行い地域活性化の中核的存在(COC=Center Of Community)としての役割を担っています。

専門教育

大学・短期大学などの高等教育機関での学び。一般教養や語学、特定分野の専門知識などを身につけます。

基礎教育

家庭でのしつけ、義務教育である小中学校、そして高校での学びを通して、基礎的な知識・素養を修得します。

実習・実践
松本大学が取り組む地域社会での実践的な学び

基礎教育・専門教育で修得した知識を実際の社会で実習・実践することにより、社会で活躍するために必要な社会人基礎力・人間力を養成します。

正課内アウトキャンパス・スタディ

キャンパスを飛び出して地域社会の現場で学び、考え、議論し、行動する。松本大学独自の授業形式です。

アウトキャンパス・スタディ レポート
正課内ゼミナール

学生が主体的に取り組むゼミナールでも、地域社会の中からさまざまなテーマを設定し、現場で実践しながら研究に取り組んでいます。

総合経営学部 総合経営学科

総合経営学部 観光ホスピタリティ学科

人間健康学部 健康栄養学科

人間健康学部 スポーツ健康学科

松商短期大学部

松本大学大学院 健康科学研究科(大学院)
研究テーマ紹介

正課外地域づくり考房『ゆめ』

学生の自主的な地域活動を支援。学生の興味・関心を具体化することが地域の発展や貢献につながっています。

地域づくり考房『ゆめ』
正課外地域健康支援ステーション

地域の方々の健康づくりを支援する拠点。「栄養」と「運動」の両面から地域とのコラボレーションを展開しています。

地域健康支援ステーション
正課外地域社会連携

自治体や民間企業・教育機関などと積極的に連携し、大学も地域も元気になる活動を行っています。

地域社会連携

ページ先頭へ