新着ニュース

  • クラブ&サークル活動

3連続完封で、インカレに1位で進出【2016年5月28~29日(土・日)】於:福井県小浜市名田庄総合運動場

松本大学学長 住吉廣行
1回戦対信州大学5月28日(土)
12:00~
結果
15-0
2回戦対金沢大学5月28日(土)
14:00~
結果
15-0
3回戦対金沢学院大学5月29日(日)
8:56~
結果
4-0

1回戦 対信州大学

5月28日(土) 12:00~ 3回コールド

1回戦1234567
松本大学195----15
信州大学000----0

打撃成績



打順指名守備1回2回3回
1小磯8右越本①左前①

投直
中飛422
2濱田7左飛四球二安310
3神戸6一ゴロ投ゴロ 200
赤羽6  中前110
4北川原3中飛四球① 右犠飛①102
5駒田2 四球

中前②
四球112
6小山DP 中2①

四球
右越3②223
7杉山ち5 一ゴロ

四球①
遊ゴロ201
8石田9 左前①

四球①
投ゴ失212
9菅原4 四球

四球①
左線2①112
DF杉山1      
    ※1※219914

※1・・・2盗:石田 ※2・・・2盗:濱田、2盗:赤羽

投手成績

投手成績打者被安打三振四死球自責点
杉山3120110
243207047
18082055

観戦記

福井県小浜市名田庄総合運動場をA、B2つの会場に分け、常に2試合が同時に並行して行われた。男子は別会場で実施された。

1回表小磯が先頭打者ホームラン、が続く3者が凡退。

その裏一死から四球、遊ゴロ失、1ゴロを野選で一死満塁。ここで杉山は踏ん張って5、6番を2者連続三振で切り抜けた。

2回表駒田四球、DPの小山が中越えに2塁打で駒田が還る。杉山は投前ゴロだったが、石田がレフトへ適時打。菅原が四球を選んだところで相手投手は24番に交代。小磯がレフトへ適時打、濱田四球で一死満塁。ここで神戸は投手へのゴロで菅原が本封。二死から北川原四球を選びこの回4点目。駒田が中前へ2点適時打。二死二、三塁。小山四球で再び満塁。この後杉山ち、石田が四球を選び8点目、さらに代わったリエントリーの18番からも菅原四球で9点目が入った。

2回裏信州大は3者凡退。3回表、濱田二塁内野安打、代打赤羽中前へ、北川原が右翼へ犠牲フライ。駒田四球で一死二、三塁。ここで小山が一掃の3塁打を右翼へ。石田が投手前に転がしたがこれがエラーを誘い1点。菅原がレフト線2塁打でこの回5点が入った。

3回裏も杉山が内野ゴロ3つに仕留め、コールド勝ちとなった。

2回戦 対金沢大学

5月28日(土) 14:00~ 3回コールド

1回戦1234567
金沢大学000----0
松本大学933x----15

打撃成績


打順指名守備1回2回3回
1神戸6四球

四球①
  001
PH赤羽 遊内安① 111
2下島9遊ゴロ

左越本④
遊ゴロ① 315
3小山3投ゴ失

左前
四球 210
4曽根原2二内安①

投ゴロ
二ゴロ 311
5福島8中前①四球二ゴ失211
6寺田7四球二ゴロ左飛失200
7寺井5四球①左前①右越本③224
8今野DP四球①四球 001
9阿部4投ゴロ 左前① 211
DF多田1      
    ※1 17815

※1・・・重盗:福島、寺田

投手成績

投手成績打者被安打三振四死球自責点
多田3100700
11

2・0/3

208078

観戦記

この日の多田は金沢大相手とはいえ、2回に3塁ゴロエラーで出塁を許しただけで、7三振、内野ゴロ2つという完璧な出来だった。

松本大は、1回に下島の満塁本塁打、3回には寺井の試合をコールド勝ちに導く3点本塁打などで圧勝した。金沢大のエラーは捕逸を含め5つ、四球も7つと自滅していた。全員を出場させようとした監督の意図は読み取れるが、下島、寺井、多田は見事に期待に応えた。キャプテン神戸はこの日は不完全燃焼だったが、翌日にその憂さを晴らすことになる。

3回戦 金沢学院大学

5月29日(日) 8:56~

1回戦1234567
金沢学院大学00000000
松本大学0002204

打撃成績



打順指名守備1回2回3回4回5回6回
1赤羽5死球 一飛 右前 210
PH曽根原      右飛100
2小磯8四球 投前安 一ゴロ 210
3神戸6一ゴロ  三前安左越2① 321
4北川原3三飛  中前 四球 210
5小山DP三振  左前二飛 310
6濱田7 遊飛 中飛中前① 311
7駒田2 左飛 遊ゴ失三飛 300
8石田9 二ゴロ 左飛失  200
PH杉山ち      右飛100
9菅原4  左直中直 一飛300
DF杉山1         
     ※1   2572

※1・・・二盗死:小磯

投手成績

投手成績打者被安打三振四死球自責点
山下7255100
236287032

戦況

この試合は、インカレ大会(今年は鹿児島県で開催)への出場権をかけた北信越予選であった。過去10年連続北信越大会を一位通過してインカレに臨んでおり、今年も負けられない戦いであった。しかし直前になって、軽微ではあっても怪我をしたり、資格取得のための実習が重なっている選手もいたりで、ベストの状態とは言えないなかで戦わざるを得なくなっていた。苦戦を覚悟して福井県小浜市へ乗り込んだが、結果的には3戦とも完封という、望外の成績で今年も一位通過することができた。

筆者は初日は大学の用件があり観戦できず、二日目はナビの手違いで遅刻し、2回表二死二塁からの観戦となった。
前日の信州大学戦で、あまり良い投球が出来なかった杉山だったので、試合直前まで先発投手の人選に悩んだようだった。そこで立ち上がりが心配でもあり、課題でもあった。

1回表先頭打者を右前で出したが、一死二塁から遊ゴロ、中飛と無難に切り抜けることが出来たので、守りの方はほっと一息。攻撃はどうか。

1回裏四死球で一死二、三塁まで好機を広げ、4番、5番を迎えるというこれ以上ない絶好のチャンス。しかし1点を取るのに苦労をする松大のいつもの癖が出、中軸が機能しなかった。

2回表も二死二塁(ここから観戦)となったが無事切り抜けた。

その裏松大は三者凡退、相手投手を立ち直らせてしまったか?

3回表は、9番打者にライトへ痛烈なライナーを打たれるが、石田が上手い軌道で回り込んで好捕し、3者凡退で退けた。

3回裏の松大は、先頭の菅原がライトへ良い当たりを放つが、相手も好捕して出塁できない。二死から小磯が投手前に転がして内野安打。すかさず二盗を試みたが、間一髪アウトでチャンスが広がらない。

4回表は二死から4番打者に右中間を破る二塁打を打たれたが、続く5番打者をキャッチャーへのファウルフライに抑え、均衡は破れず。そろそろ打線が杉山を助けなければいけないのだが・・・。

4回裏先頭のキャプテン神戸が三塁前に転がし内野安打。続く4番北川原は詰まりながらも中前に続きチャンスは広がる。ここで5番の小山。通常なら三塁方向への犠打で一死二、三塁としたいところ。ところが岩間監督は意表を衝いて強攻策に出た。これが的中し、レフト前へ。無死満塁。ここで勝負強い濱田なので大いに期待したが、3-2のカウントから、高めの明らかなボール球に手を出し浅いセンターフライで、三塁走者の神戸は還れず。一死満塁で、次打者は最近不調の駒田。最悪併殺もあるかと思いながら見ていたが、案の定遊ゴロ。ところが、当たりがぼてぼてだったため、本封を狙ったショートが、肩に力が入ったのか本塁への悪送球になり、幸運な1点が入り均衡は破れた。次打者石田の荷は軽くなったはずだが、レフトへの深くはない飛球。それでもタッチアップして北川原が本塁へ突入。レフトからの返球が大きくそれる暴投で、労せずして2点目が入った。未だ二死二、三塁の好機がつづく。ここで菅原は、先程の左翼につづき今度は中堅に良い当たりのライナーを放ったが、好捕された。しかし2点先取で有利に試合を運べるようになった。

5回表金澤学院大の先頭打者がレフト前に好打。下位打線になってくるので、バンドで送り、次に代打で先ず1点を狙うのか?との予想もできる。ここで松大の守備が素晴らしかった。相手の作戦を読んだ内野手2人がホームベース前まで突っ込み、3塁手赤羽が素早くとり、躊躇せず二塁(神戸がカバー)へ送球。余裕で二封。さらに一塁(菅原がカバー)へ転送され5-6-4の併殺が成立。久し振りのバンドで併殺。十年ほど前の東日本インカレでの初鹿野の見事なプレーを想起させた。これで流れは相手に渡らず、勝勢が見えてきた。

5回裏気分を良くした赤羽がライト前に。小細工の効く小磯は、一塁へ転がし最低限の二塁進出を助けた。ここでキャプテン神戸がレフトオーバーでフェンスを越えるエンタイトルの2塁打を放ち、赤羽がホームイン。北川原四球の後、二死から濱田が、投手のグラブを弾く中前への適時打でこの回2点目が入って、実質上試合を決めた。

6回表も当たりの出ていた金澤学院の9番打者にライト前に運ばれる。しかし、4点差があるため相手も打つしか無かったのだが、3者連続でフライに打ち取った。

その裏杉山ち、曽根原を代打に送ったが結局三者凡退に終わった。

いよいよ最終回しかし杉山は落ち着いており、俊足小磯の美技もあったが4~6番をフライやライナーで討ち取り試合終了。

この試合は打では、神戸のキャプテンらしい、チャンス・メイクの小技(4回)、豪快な適時長打(5回)。守りでは杉山恭の好投、好守の外野陣と三塁赤羽。これらが目立った。堅くなり失策で2点を失った金澤学院大、日頃の訓練の成果を発揮してバンドを併殺で切り抜けた松本大、この気持ちの余裕の差が大きかった。

この後、北信越オープン(長野県・千曲市)、東日本インカレ(埼玉県)、白馬カップを経てインカレ本番(鹿児島県・知覧)へとなだれ込む。怪我からの回復やこれからの練習でチーム力の大幅アップを期待したい。それが実現すれば昨年のベスト16を越える結果が見えてくる。頑張れ!!

北信越地区インカレ予選 最終結果


順位チーム名松本大学金沢学院
大学
信州大学金沢大学勝-敗
1松本大学 4-0 15-015-03-0
2金沢学院大学0-4  8-017-02-1
3信州大学0-150-8 27-01-2
2金沢大学0-150-170-27 0-3

他の登録チーム:福井大学、富山大学、上越教育大学、飯田女子短期大学

表彰式の後の閉会式では、大会実行委員長から最後の決勝戦は見応えある好ゲームだったと、賞賛の言葉をいただいた。

このページ先頭へ