新着ニュース

  • イベント情報

総合経営学科生・松商短大生による
「松大生と学ぶ親子プログラミング教室」を開催しました

総合経営学科長
教授 室谷 心

pi20181004_title.jpg

台風の近づくあいにくの天気の中、9月30日安曇野市三郷交流学習センターにおいて「松大生と学ぶ親子プログラミング教室」が開催されました。

小学生の親子のべ40組が松大生とプログラミングを学ぶ教室と、micro:bitを使ったフィジカルコンピューティングの体験コーナーが開かれました。

プログラミング教室は、午前と午後それぞれ2クラスで10組ずつのクラスに分かれ、総合経営学科で情報の教員免許を目指す学生たちが、工夫して考えたオリジナルのスクラッチ教材を使った授業を行いました。小学生参加者が自分でプログラムを組み、ゲームの完成を目指しました。慣れないマウス操作やプログラミング独特の考え方などに戸惑いながらも、最後には参加してくれた子供たちみんながプログラムを完成し、自分が作ったゲームで楽しんでいました。

pi20181004_misato1.jpg

pi20181004_misato2.jpg

pi20181004_misato3.jpg

pi20181004_misato4.jpg

フィジカルコンピューティングの体験コーナーは短期大学部矢野口ゼミの学生がmicro:bitを使ったラジコンカーや戦車、スクラッチプログラムを披露し、訪れた子供も大人も実際に動かして楽しんでいました。

pi20181004_misato5.jpg

pi20181004_misato6.jpg


今回のプログラミング教室は、安曇野市教育委員会からの委託事業として松本大学が開催したもので、12月にも場所を豊科交流学習センターに移して2日間開催されます。こちらも多くの子供たちの参加をお待ちしています。

このページ先頭へ