新着ニュース

2018/11/09

新着図書が入りました!

新着図書紹介 (書名 / 著者名 出版社)

〇平成史 / 佐藤優 片山杜秀 小学館

 「平成の謎解き」はこの一冊で! 

福島原発事故(11年)の予兆は、JCO臨界事故(99年)にあった。日本の「右傾化」は、PKO協力法(92年)から始まった。バブル崩壊、オウム真理教、小泉劇場、安倍一強ほか、あらゆる事件は、すべてが裏でつながっていた。同時代に生きる作家・佐藤優氏と慶應大教授・片山杜秀氏が政治、経済、事件、文化を縦横無尽に語り尽くす。

〇21世紀の女性と仕事 / 大沢真知子 左右社

 ~日本ではなぜ家庭と仕事の両立が難しいのか、どうしてキャリアを築けないのか。

女性キャリア研究の第一人者が、日本の女性と仕事にまつわる数々の「なぜ?」を一から問い直す。日本の労働構造、法制度、教育、ジェンダー、企業の対応まで、この一冊ですべてがわかる「女性と仕事」入門書の決定版! Google、P&G、資生堂など先進企業の実践例や、最新データも多数掲載。

〇テーピング療法最前線 / 医道の日本PLUS特別編集 医道の日本社

 ~臨床で、スポーツで、セルフケアで。 使えるテーピング療法を一挙収録!
治療に活かせるさまざまな「テーピング療法」について、開発者・第一人者による解説をまとめた月刊「医道の日本」の特別編集版。一般的なキネシオテーピング療法を始め、経絡を応用したテーピング、皮膚運動学に基づくテーピング、スパイラルテーピング、海外のスポーツ現場で用いられているテーピングなど、治療の幅を広げるテクニックを多数紹介。元日本代表選手や現役のアスリートがテーピングのことを熱く語る「私とテーピング」を収録。

〇新版 医師が教えるアロマ&ハーブセラピー / 橋口玲子・監修 マイナビ出版
 ~手軽で効果的なセルフケアの方法を解説!

アロマセラピーやハーブを取り入れた診療を実際に行っている、緑陰診療所の橋口玲子医師による監修。精油とハーブが症状改善に役立った実際の症例も豊富に紹介しながら、頭痛、風邪、アレルギー、メンタルの不調など症状別に、わかりやすく説明。

〇女子栄養大学の発酵食のすべて / 五明紀春・監修 古川知子・レシピ監修 エクスナレッジ  

 ~自然の力で、健やかに。発酵食は1日1回「食べるだけ」で医者いらず!

みそ、ぬか漬け、麹・甘酒、納豆、ヨーグルト、酢、しょうゆ。。。超カンタンつくりおき発酵レシピ20を紹介。今、流行の発酵食品を知って、食べて、元気で健康な生活を。

〇少年ジャンプ 黄金のキセキ / 後藤広喜 ホーム社 集英社

 ~少年ジャンプの知られざるエピソードがここに!

653万部という奇跡的な記録を打ち立てた「週刊少年ジャンプ」。600万部達成時の同誌編集長であった著者が、創刊から黄金時代までの輝かしい軌跡を、掲載された漫画作品のエピソードを交えてたどり、空前絶後の部数はどのようにして生まれたのかを、いま初めて明かす。

〇シネマの彼方の幻影 / 金井貞徳 オフィスエム

 古今東西の映画をこよなく愛する金井貞徳氏による自叙伝的シネマ評論集!
著者の金井さんは、松商学園の教諭として40年に亘り勤務。放送部の顧問としても生徒たちを指導し、全国最高賞9回の受賞歴を持つ。本書では『ライムライト』『生きる』『道』といった古典的名作から近年に至る作品まで27作品を通じて、映画の魅力を伝えながら、自身の半生のエピソードもちりばめて紹介。

〇代理人だからこそ書ける日米プロ野球の契約の謎 / 長谷川嘉宣 ポプラ新書

 ~メジャーリーガーや日本に来た外国人助っ人の知られざる契約の裏側!
大谷翔平選手、ダルビッシュ有選手など、毎年のようにメジャーに挑戦する日本人選手がいるなか、現役のメジャー公認エージェントだからこそ言える、活躍できる選手の条件や球団との厳しい移籍交渉の舞台裏から、代理人そのものの仕事内容などを解説。また、あまり知られていない、メジャーから日本のプロ野球に来る「外国人助っ人」の契約の裏側も詳述。

〇ある男 / 平野啓一郎 文藝春秋

 ~愛したはずの夫は、まったくの別人であった。平野啓一郎の新たなる代表作!
弁護士の城戸は、かつての依頼者である里枝から、「ある男」についての奇妙な相談を受ける。

離婚歴のある里枝は、「大祐」と再婚して、新しく生まれた女の子と4人で幸せな家庭を築いていた。しかし、ある日「大祐」は、事故で命を落とす。悲しみにうちひしがれた一家に「大祐」が全くの別人だったという衝撃の事実がもたらされる。。。

✿その他にも多くの本が入りました。様々なジャンルの新刊が、みなさんを待っています!

また、11月は年に一度の『読書月間』開催中!様々な展示、イベントを開催しています。秋は図書館で、待ち合わせ!!

このページ先頭へ