新着ニュース

2016/03/02
  • 教育研究情報

松商短期大学部のキャリアチャレンジ授業(社会科学/人文科学)とニュース検定試験について

基礎教育センター 非常勤講師 福嶋 紀子


平成27年度後期から、松商短期大学部の授業として、社会教養対策のキャリアチャレンジ授業が始まりました。社会科学分野と人文科学分野に分かれて、政治・経済の基本から歴史・地理など、現代社会を生きるための社会教養を学んでいます。

この授業の目標は、現代の諸課題に対応できる知識を身につけること。身の回りで起きるニュースに敏感に反応できるよう、「ニュース時事能力検定試験」の受験を奨めています。

2月6日(土)に本学を会場に初めてのニュース検定試験を実施しました。
17人の受験があり、授業で学習した準2級では6割近い学生が合格を果たしました。また、2級も2割の合格と、初回としてはなかなかの実績といえます。

今後、一般会場として6月・10月の受験が可能であるほか、準会場として1月末には本学学生のみを対象とした試験を準備しています。
キャリアチャレンジの授業は短大生が対象ですが、検定試験に向けた学習講座は、基礎教育センターで木曜日の朝講座として開講しますので、総合経営学部・人間健康学部の大学生も、こうした講座を活用して受験することが可能です。

関連する教員

  • 福嶋 紀子

    基礎教育センター 非常勤講師

関連コンテンツ

このページ先頭へ