新着ニュース

2016/07/27
  • 教育研究情報

健康栄養学科の 体験型講座「おいでよ♪松大健康教室」を開催しました

多くのお客様の前で緊張しながらも発表!

試食の野菜蒸しパンにニッコリ

お箸を正しく、食べ物残さずにという願いを込めて

人間健康学部健康栄養学科
3年 林 亜由美


私たち松本大学健康栄養学科3年生は、廣田直子教授の授業「栄養教育実習」で学んだことの成果発表として、平成28年7月16日(土)9:30より「おいでよ♪松大健康教室」を開催致しました。
学生63名が12チームに分かれ、ライフステージごとにテーマを設定し2か月前より準備を進めてまいりました。
広報活動は大学のホームページのほか、地域の回覧板、エフエムまつもと・市民タイムスなどの地域メディア等で行わせていただきました。
予定40名のところ、当日は延べ76名にご参加いただきました。

当日まで何度もリハーサルを重ね、学生同士で意見を交換し合いより良い発表ができるよう努めてまいりました。
当日は、ご参加いただいた方に健康や栄養について関心をもっていただけるように、また楽しんでいただけるようにと意識し、各チーム発表を致しました。
健康教室を終え、無事発表が終わり安心するとともに、栄養教育に必要な知識やスキル、またそれを活かす能力をもっと身につけていかなければならないと感じました。
残り一年半の講義や実習等、様々な場面で、不足している能力を学び得ていきたいと思います。






人間健康学部健康栄養学科
学科長/「栄養教育実習」担当 廣田 直子 他2名


地域の皆様に支えられ、本健康教室を行うことができました。
学生の頑張りを見守り温かくご支援いただきましたこと、本当に感謝しております。
学生はこの教室も含め、様々な実践的な体験を重ね、今後もより真剣に管理栄養士・栄養士をめざし、学習を積み上げていきます。
これからもご指導いただきますようよろしくお願いいたします。

本教室の開催に際し、学内外の多くの皆様にご協力いただきました。
お世話になった全ての方々に感謝申し上げます。
このページ先頭へ