新着ニュース

2018/04/16
  • 教育研究情報

交換留学生が中国のエプソンに就職決定

国際交流センター

今年2月まで松本大学に交換留学生として在学した中国の嶺南師範学院のテイ ギョクテイさん(女性)が、このほど中国広東省深圳(シンセン)にあるセイコーエプソンに就職が決定した、といううれしい報告がありました。

テイさんは現在嶺南師範学院日本語学科の4年生で、嶺南師範学院とセイコーエプソンがある広東省で生まれ育ちました。昨年4月に松本大学に交換留学生として来日し、大学の近くにある新村国際寮に居住しながら今年2月末まで11か月間滞在しました。交換留学を終えたばかりの3月に中国で就職活動を始めましたが、長野県諏訪市に本社を持ち、松本市や塩尻市などに事業所や工場を持つセイコーエプソンに就職が決まりました。正式には6月に嶺南師範学院を卒業し、8月から仕事を始める予定で、配属先などはその後に決定されるそうです。

テイさんは「松本大学に交換留学し、長野県の日本企業に就職が決まってとてもうれしいです。いつかは仕事の出張などで松本を訪れ、お世話になった松本大学の皆さんと再会したいです」と、とても喜んでいました。

同じく2月に交換留学を終えた学生のなかには東京や安曇野市にある企業に就職が決まったり、松本に滞在して引き続き就職活動を行っている学生もいます。

本学では今後も留学生や交換留学生の学修を積極的に支援して参ります。

関連コンテンツ

このページ先頭へ