新着ニュース

2018/11/02
  • アウトキャンパス・スタディ事例

松本大学×道の駅「中条」×国土交通省 連携企画
-88(やまんば)プロジェクト2018年後期 その1 -

総合経営学科
教授 清水 聡子

2018年10月21日、道の駅「中条(なかじょう)」でスタンプラリーを実施

総合経営学科清水ゼミの学生10名と総合経営学科3年生2名、清水、計13名は、長野市道の駅「中条」で学生が企画したスタンプラリーを道の駅「中条」の皆様と一緒に実施しました。国土交通省関東地方整備局長野国道事務所計画課谷部哲男専門官も応援に駆けつけてくださいました。清水ゼミ3年生藤森龍平さんに原稿をまとめてもらいました。ご覧ください。


総合経営学科

清水ゼミ3年 藤森龍平

2017年度に引き続き、2018年度も清水ゼミ3年生が主体となり、道の駅「中条」でスタンプラリーを企画し、実施しました。昨年、先輩方が感じた反省点を活かしながらクイズを一新し、道の駅「中条」を知ってもらう問題をはじめ、山姥伝説にちなんだ問題を新たに加え出題しました。また「中条」のイメージキャラクター『ナカジョニー』を考案した内田敦也くんが生身で演じ、スタンプラリーに参戦するなど、新たな企画にも挑戦しました。スタンプラリー当日は天候にも恵まれ、参加ご家族に大変好評で、来場してくださったお客様の中には『ナカジョニー』に会いにきてくれた方もいらっしゃいました。

2017年にスタンプラリーを発案した多田春菜さんとナカジョニーと、参加ご家族

2018年スタンプラリー責任者の降簱あすかさんと自然の遊び担当の中村大地さん

スタンプラリーのあとは"自然の遊び"を行いました。今年度は前年度の「草笛」「草相撲」などに加え「箱の中身あてゲーム」「落ち葉アート」を新たに企画しました。「箱の中身あてゲーム」では特産品であるりんご、たわしやスポンジなどを入れ、正解者にプレゼントしました。「落ち葉アート」では子どもたちの自由な発想が作品に溢れました。当日は霜が降りていて少し滑りやすい地面でしたが怪我なく無事に終えることができました。

昼食は道の駅「中条」の皆様から振舞っていただきました。りんごを使ったおやき、道の駅「中条」名物料理のおぶっこ、焼き芋にシャインマスカット、デザートにソフトクリームをいただきました。昼食後、スタンプラリーおよび"自然の遊び"への反省会と11月3日に道の駅「中条」で開催される「むしくらまつり」で販売する笹クレープ、笹おやきなどについて検討しました。

落ち葉アートに真剣に取り組む様子

スタンプラリーは4家族、12名の参加がありました。完走者に焼き芋と道の駅「中条」名物の西山大豆豆乳ドーナツをプレゼントしました。去年も今年も参加していただいたご家族もおられました。一緒に参加した学生からは、「"自然の遊び"で子どもと一緒に楽しめた」また、『ナカジョニー』からは「会いにきてくれた方と写真を撮ったり、子どもたちが僕を知ってくれていて嬉しかった」という感想がありました。

内田敦也さん演じるナカジョニー(高見澤忠さん撮影)

3年生は初めてスタンプラリーに参加し、計画通りにイベントを進行する難しさや、事前準備の重要さなど多くのことを勉強することができました。多くの準備をしていただいた道の駅「中条」の皆様、ありがとうございました。

明日、11月3日、道の駅「中条」で開催される「むしくらまつり」では『ナカジョニー』と愉快な仲間たちで○×クイズ、鎌田栞さんが考案した笹クレープと笹おやきの販売、松本大学ブースで"自然の遊び"と大学紹介を行います。今回の学びを活かし道の駅「中条」の皆様と当日参加する清水ゼミ、成ゼミ、小林ゼミの学生で連携をとり、盛り上げていきたいです。

信濃毎日新聞(2018.10.31)の1面、25面で、

「『ナカジョニー』松本大生変身!長野・中条 道の駅のキャラ考案 3日の「まつり」に登場。ご当地キャラ 生身で演じます」と掲載されました。

イベント準備物紹介(学生制作のポスター)

pi20181102_012.jpg

pi20181102_011.jpg

pi20181102_010.jpg

このページ先頭へ