新着ニュース

2019/06/21
  • 教育研究情報

心理学研究者の学会に「KAZUO MORI STUDENT TRAVEL AWARDS」が新設

教育学部学校教育学科
教授 守 一雄

認知や記憶に関する研究をどう社会的問題に応用するかを研究している心理学研究者の学会「Society for Applied Research in Memory and Cognition: SARMAC」で4年間ほど事務局長を務め、非英語圏の研究者の代表として学会の運営に尽力してきました。

その功績により、この学会の学生研究発表旅費助成賞に私の名前がつけられることになりましたのでご報告します。

今後も応用認知心理学研究の国際化のために貢献していきたいと考えています。

このページ先頭へ