新着ニュース

2019/10/24
  • 教育研究情報

第10回学長賞授与式が挙行されました

学生課

pi20191024_001.JPG

2019年度「第10回学長賞」の授与式が、10月23日(水)に行われました。今年度の受賞者は、及川輝さん(スポーツ健康学科4年:ラート競技部)と南澤明音さん(観光ホスピタリティ学科4年:陸上競技部)の2名で、住吉廣行学長より賞状と記念品が贈られました。

住吉学長は、2人に対して「本学に世界や日本のトップレベルで活躍している学生がいて、非常に喜ばしく誇りである」と激励されました。
受賞について及川さんは、「ラートを大学入学後に始めた時は、まさかこのような結果が出るとは思ってもみなかった。支えてくれた方に感謝の気持ちでいっぱいです」と述べ、南澤さんは、「この賞を頂いて非常に光栄。松本大学の環境がすごく良かった。今までお世話になった皆さんのおかげで受賞することが出来た。感謝の気持ちしかありません」と謝辞を述べてくれました。

pi20191024_002.JPG

お2人の主な受賞理由は以下の通りです

及川 輝さん(ラート競技部)

  • 2018年世界ラート競技選手権大会(スイス)日本代表  男子跳躍種目銅メダル
  • 2017年及び2018年全日本学生ラート競技選手権大会  個人総合2連覇

他多数の好成績

南澤 明音さん(陸上競技部)

  • 第88回(2019年)日本学生陸上競技対校選手権大会  女子400mハードル8位入賞
  • 2019日本学生陸上競技個人選手権大会  女子400mハードル準決勝進出
  • 女子400mハードル 北信越学生新記録(59秒81)樹立

他多数の好成績      

pi20191024_003.JPG

※学長賞とは、本学の学生または本学学生で組織する団体が、学術・芸術・社会・体育・文化活動等において他の模範となる成績を修める、または社会に貢献をした場合、それが学生または団体並びに本学の栄誉となるものについて顕彰するものである。

このページ先頭へ