大学紹介

  1. ホーム
  2. 大学紹介
  3. 出前講座の申し込みについて

大学紹介

資料請求

出前講座について

松本大学では、地域の皆様や高校生の皆様を対象に、所有する知的財産を提供・還元することを趣旨に「出前講座」を実施しています。
地域社会で実施される各種学習会、シンポジウムに、講師・パネラーとして教員を派遣いたします。
また、高校生や中学生には学問の面白さ、奥深さを感じ取っていただくために出前授業を実施します。
一覧をごらんいただき、講師・演題をお選びください。
対象は公共機関、教育機関(小・中・高・特別支援学校・幼稚園・保育所等)、公民館、生涯学習センター等。
なお、高校生対象の進路講和、推薦入試・AO入試対策講座などにつきましても承ります。
リストにないテーマにつきましてもご相談を承りますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・お申し込み先

高等学校関係の方

出前講座をご希望の場合は「申込用紙(PDF)」を出力してご記入の上FAXいただくか、お電話でお申し込みください。

申込用紙ダウンロード (高等学校関係の方のみ)

松本大学 入試広報室

電話0263-48-7201

その他各種団体の方

まずはお電話でお問い合わせください。

松本大学 エクステンションセンター

電話0263-48-7210

講座一覧

    • 円高・円安と日本経済
    • 自分で描く人生―キャリアクリエイト
    • キャリアクリエイト
  • 糸井 重夫

    糸井 重夫

    • 役職・職階
    • 松商短期大学部長/教授
    • 専門分野
    • 経済学/金融論/経済法/教育経済学(キャリア教育)
    プロフィール
    • 円高・円安と日本経済
    • よく円安とか円高とかの言葉を聞きますが、なぜ円安とか円高になるのでしょうか?また、この円高や円安は日本の経済にどのような影響を与えるのでしょうか?みんなで少し考えてみませんか?
    • 自分で描く人生―キャリアクリエイト
    • 日本人は平均すると80歳前後まで生きるわけですが、皆さんはどのような人生を送りたいと思っていますか。また、就職するのであれば、人生の半分は会社で過ごすことになります。どうせ人生の半分も会社などで過ごすのであれば、快適なサラリーマン生活を送りたいものですよね。今から自分の職業人としての人生を考えてみませんか?
    • キャリアクリエイト
    • 自分の人生を考えるとき、どのような世界があるのかを知らなければ考えられませんよね。また、企業で働く場合、どのようなスキル(働くときの様々な技術)が必要なのかが分からなければ困りますよね。そこで、キャリアクリエイトでみなさんが生きる時代を理解し、企業で必要とされるスキルを磨く勉強をしています。
    • 授業内容
    • 1) 経済の基礎
      この授業では、今日の資本主義が成立した歴史的背景や、需要と供給のメカニズム、政府の経済政策のあり方などについて講義しています。

      2) 日本の経済
      皆さんご存知のように戦後の日本は歴史上類をみない高い経済成長をとげました。しかしながら、バブル崩壊以降はなかなか景気が回復してきませんでした。そこで、「日本の経済」では、なぜ高度経済成長をとげることができたのか、また、なぜ景気低迷が続いたのかなど、日本経済の特徴について講義していきます。
    • 現在取り組んでいる研究テーマ
    • ①貨幣数量説の理論的発展の研究、②金融分野における国際的統一基準の導入と日米欧における金融機関規制の再構築、③経済のグローバル化と労働力の質についての研究
    • 経済や金融の仕組みを学ぶと、お金持ちになれるか?
  • 太田 勉

    太田 勉

    • 役職・職階
    • 教授
    • 専門分野
    • 金融論/中央銀行論/地域金融経済論
    プロフィール
    • 経済や金融の仕組みを学ぶと、お金持ちになれるか?
    • 私たちの生活を「経済」という面からみると、「働いて、お金を稼いで、そのお金を使ったり、貯めて運用する」ということになります。景気が悪いと、お金を稼ぐことが難しくなります。また、せっかく貯めたお金も、安全で有利に運用することはなかなか難しくなってきました。それでは、どうしたらよいのでしょうか。経済や金融の仕組みを勉強したら、お金儲けができるのでしょうか?
    • 授業内容
    • 経済入門
      世の中で暮らしていくために必要な「経済や金融の仕組み」を「生きた知識」として学ぶために、その時々のトピックを織り交ぜながら解説します。

      金融論/ファイナンス/地域金融事情
      経済の血液といわれる「お金」が、世の中にうまく行きわたるようにするための仕組みや金融資産の運用などについて、理論面のみならず、現実の動きを念頭におきながら解説します。地域の金融機関等でご活躍中の講師陣による特別講義も取り入れています。
      個人の資産設計についてアドバイスする「ファイナンシャル・プランナー」や、消費者の保護・自立を支援する「消費生活アドバイザー」の資格取得支援も行っています。
    • 現在取り組んでいる研究テーマ
    • 日本の金融構造とプルーデンス政策/地域金融・中小企業金融の課題と展望
    • 日本経済の光と影―歴史編―
  • 木村 晴壽

    木村 晴壽

    • 役職・職階
    • 教授
    • 専門分野
    • 日本経済史/地方行財政史
    プロフィール
    • 日本経済の光と影―歴史編―
    • 農業社会だった江戸時代から明治に入り、日本が工業化の途を歩んだ時、そこにはどのようなカラクリがあったのか。脚光を浴びたところだけではわからない。
    • 授業内容
    • 地域産業論
      戦前に日本経済の心臓部だった長野県の生糸産業をとりあげ、何故、長野県で製糸業がはなばなしく展開したのかという問題に迫る。
      現在の長野県で見られる産業と製糸業がどのようにつながってるのかも考える。
    • 現在取り組んでいる研究テーマ
    • 幕末~明治期の貿易金融/地方商工会議所の歴史/地域活性化と大学教育
    • 高度経済社会における農業・農村の役割
    • もし、食べ物が足りなくなったら
  • 成 耆政

    成 耆政

    • 役職・職階
    • 教授
    • 専門分野
    • アグリビジネス経済学/応用ミクロ経済学/地域経済学/聖書経済学
    プロフィール
    • 高度経済社会における農業・農村の役割
    • みなさんが生まれ育った日本は、世界第3位の経済大国です。しかし、いくら最先端技術で生活が便利であっても私達人間は、まず食べないと生きていけません。世界一の飽食の国である日本で生活している皆さんは、飽食のおかげで食べ物を生産・供給している農業の役割を忘れていませんか。ここでは私達の生存に欠かせない農業・農村の役割についてやさしくお話しします。
    • もし、食べ物が足りなくなったら
    • 皆さんは、朝起きて食べ物がないという状況を考えたことがありますか。まず、ないと思います。世界最大の経済大国である日本で生まれ育った皆さんは、いま、飽食の時代に生きているからです。しかし、食料の自給率が40%を切った日本の食の事情について知っていますか。ここでは、日本における食の事情について諸外国と比較しながらやさしくお話をします。
    • 授業内容
    • アグリビジネス経済学
      この授業では経済学の基礎的な理論に基づいて、農業という産業の現状を分析する。そして、農産物貿易、食料需給の経済、農業法人経営体、農業協同組合などについても講義と議論を行う。また、植物工場や農協見学などのアウトキャンパス・スタディも実施する。
    • 現在取り組んでいる研究テーマ
    • ・第4次産業革命がもたらす地域経済パラダイムの変化
      ・第4次産業革命と地域農業の未来
      ・ポストTPP時代における農産物の輸出活性化のためのサプライチェーンの構築と課題
      ・農山漁村の6次産業化における地域人材育成の方策
    • みんなが忘れているお金を殖やす基本
  • 藤波 大三郎

    藤波 大三郎

    • 役職・職階
    • 教授
    • 専門分野
    • 金融論/銀行論/資産運用論
    プロフィール
    • みんなが忘れているお金を殖やす基本
    • お金を殖やすことにはある程度の基本があります。皆さんが、将来、社会人となって働いて得たお金をどうやって殖やしてゆくか、その基本を勉強してゆきます。お金の殖やし方には株式投資や外貨預金など様々な方法がありますが、どうやって大切なお金を殖やすことに取り組めば良いかを学んだことはないと思います。そうした知識に挑戦してみませんか?具体的には、私が日本経済新聞に執筆した記事等を用いて資産運用の基本をやさしく解説してゆきます。
    • 授業内容
    • 金融論
      金融論では、経済の基本となる金融の仕組みと様々な金融市場について学んでゆきます。金融機関の機能は複雑になっており、将来、金融機関で働くための基礎知識にもなると思います。

      銀行論
      日本は、かつては銀行が金融制度の中心でした。しかし、これからは株式市場、債券市場が銀行の預金・融資と並んで重要な取引となると言われています。そうした時代に対応した新しい銀行のあり方を学んでゆきます。
      その他、現代ビジネス法、3級ファイナンシャル・プランニング技能士試験についての講義も行っています。
    • 現在取り組んでいる研究テーマ
    • 銀行システム、個人の金融資産運用、企業金融
    • 長野県をもっと知ろう !―データでみる長野県の経済―
  • 兼村 智也

    兼村 智也

    • 役職・職階
    • 教授
    • 専門分野
    • 中小企業論/国際経営論
    プロフィール
    • 長野県をもっと知ろう !―データでみる長野県の経済―
    • 多くの皆さんは将来、県内企業に就職を希望しているかと思います。その長野県の経済や企業のこと、どの程度、ご存知ですか?全国のなかで経済力はどれくらいか?平均給料は?今回の不況でどの程度の影響を受けたか?上場企業はどんな顔ぶれか?成長しているビジネスや企業は?などなどです。この講義では皆さんが暮らし、将来の勤め先になるであろう長野県の経済についてお話します。
    • 授業内容
    • 授業では、小難しい理屈から入るのではなく、実際に世の中である現象を題材にしています。例えば、企業経営に関する授業では「これまで赤字だった自動車メーカーが、なぜ黒字になったのか」をお話しする、また実際の企業を訪問するなどです。こうしたことを積み重ねていく内に産業・企業についての理解と興味を深めてもらえばと思っています。
    • 現在取り組んでいる研究テーマ
    • 日本的経営システムの国際移転、アジア産業発展論
お問い合わせ・お申し込み先

高等学校関係の方

出前講座をご希望の場合は「申込用紙(PDF)」を出力してご記入の上FAXいただくか、お電話でお申し込みください。

申込用紙ダウンロード (高等学校関係の方のみ)

松本大学 入試広報室

電話0263-48-7201

その他各種団体の方

まずはお電話でお問い合わせください。

松本大学 エクステンションセンター

電話0263-48-7210

ページ先頭へ