大学紹介

  1. ホーム
  2. 大学紹介
  3. 出前講座の申し込みについて

大学紹介

資料請求

出前講座について

松本大学では、地域の皆様や高校生の皆様を対象に、所有する知的財産を提供・還元することを趣旨に「出前講座」を実施しています。
地域社会で実施される各種学習会、シンポジウムに、講師・パネラーとして教員を派遣いたします。
また、高校生や中学生には学問の面白さ、奥深さを感じ取っていただくために出前授業を実施します。
一覧をごらんいただき、講師・演題をお選びください。
対象は公共機関、教育機関(小・中・高・特別支援学校・幼稚園・保育所等)、公民館、生涯学習センター等。
なお、高校生対象の進路講和、推薦入試・AO入試対策講座などにつきましても承ります。
リストにないテーマにつきましてもご相談を承りますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・お申し込み先

高等学校関係の方

出前講座をご希望の場合は「申込用紙(PDF)」を出力してご記入の上FAXいただくか、お電話でお申し込みください。

申込用紙ダウンロード (高等学校関係の方のみ)

松本大学 入試広報室

電話0263-48-7201

その他各種団体の方

まずはお電話でお問い合わせください。

松本大学 エクステンションセンター

電話0263-48-7210

講座一覧

    • 「みんなで学ぼう救命救急法(心配蘇生法とAED)」 ~身近な人の命を救うために~…
    • 「身体(体力)づくりのための筋力トレーニング」
    • 「1日10分さらにアクティブでみんな健康になろう!」講座 健康づくりのための身体活動基準2013、身体活動指針(アクティブガイド)
    • 生活習慣病(肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症、腰痛)予防のための運動<理論と実際>
      転倒予防・骨粗鬆症のための運動<理論と実際>(あなたの骨密度はどれくらい?)
      ※上記の中から選択となります。
    • 高強度短時間インターミッテントトレーニングにチャレンジしてみよう
  • 山本 薫

    山本 薫

    • 役職・職階
    • 准教授
    • 専門分野
    • 運動生理学/健康体力科学/運動処方
    プロフィール
    • 「みんなで学ぼう救命救急法(心配蘇生法とAED)」 ~身近な人の命を救うために~ ガイドライン2015
    • 一般市民にもできる救命救急の方法について講義と実技を行います。スポーツ実施時や緊急の事故・災害時、そして日常生活において、心不全により命を落とすことがあります。しかし、その場に居合わせた人が迅速に対応することで、尊い命を救うことができます。その方法として心配蘇生法(CPR)とAED(体外式自動除細動器)の実施方法を学びます。
    • 「身体(体力)づくりのための筋力トレーニング」
    • 体力向上のために筋力トレーニングはかかせません。しかし、間違った方法で行っていると、効果が出るどころか逆に体を痛 めてしまいます。筋力トレーニングはフォームや負荷など適切に行えば誰にでもよい効果をもたらしてくれ、体づくりにとっては必須のトレーニングです。本講座では筋力トレーニングの基礎と応用について説明します。
    • 「1日10分さらにアクティブでみんな健康になろう!」講座 健康づくりのための身体活動基準2013、身体活動指針(アクティブガイド)
    • 平成25年3月18日、厚生労働省健康局より「健康づくりのための身体活動基準2013」ならびに「健康づくりのための身体活動指針(アクティブガイド)」(以下、基準、指針)が発表されました。これらは医学、スポーツ・健康科学、公衆衛生学等の専門家委員によって策定されました。指針は、「+10(プラステン):今より10分多く体を動かそう」をメインテーマにまとめられました。18~64歳の方は+10から始めて元気に1日60分体を動かしましょう」あるいは「じっとしないで65歳以上の方は1日40分動きましょう」と提示しています。これらを分かりやすく解説していきます。
    • 生活習慣病(肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症、腰痛)予防のための運動<理論と実際>
      転倒予防・骨粗鬆症のための運動<理論と実際>(あなたの骨密度はどれくらい?)
      ※上記の中から選択となります。
    • 日常的な介護・介助を必要としないで、自立した日常生活を普通に送れる生存期間のことを健康寿命といいます。日本では平均寿命との差が10年ほどあり、その年数だけ人のお世話になりながら生活を送っている(要介護状態)ことになります。
      最近耳にするロコモ(ロコモティブシンドローム)は、運動器(体を動かす筋肉や骨)に障害を発症し、痛み、関節可動域制限、筋力低下、麻痺、骨折、痙性などにより、バランス能力、体力、移動能力の低下をきたすことを指します。この原因の1つが生活習慣病です。これは身体を少しでも動かし、筋に刺激を与えることで改善や発症を遅らせることができます。この講座では、身体活動がもたらす効果、また実際にどのように体を動かせばよいのかについて講義と実技で説明します。
    • 高強度短時間インターミッテントトレーニングにチャレンジしてみよう
    • 最近、高強度短時間インターミッテントまたはインターバルトレーニングという言葉を耳にすることがあります。これは短時間の運動を繰り返し行うトレーニングで持久力と中距離能力を向上させるトレーニングといわれています。きつい運動ですが4分間という短時間でよい点が魅力です。このトレーニング形式を応用して、最近では様々な体力の人々に合わせた方式が生まれてきています。この講座では、このトレーニングの理論と実際について紹介します。
    • 授業内容
    • <概要> ・ガイドライン2010から2015へ変更の概要(別添資料参照)

      【CPRについて説明と実習】

      ・成人に対して1人で行うCPRの方法について

      ・心臓マッサージの変更点について

      ・呼吸と脈の確認方法の変更点について

      ・アンビューバッグを用いた人工呼吸方法について

      【AEDについて説明と実習】

      ・AED使用のための理論と実習

      ・CPRとAEDを用いた救命救急全体の流れについて


    • 現在取り組んでいる研究テーマ
    • ・運動トレーニングがエネルギー代謝・呼吸・循環・血管機能に与える影響
      ・高齢者の筋力向上
    • 効果的なトレーニングとは?自分の健康を見つめてみよう!/地域の健康づくり・豊かな…
  • 田邉 愛子

    田邉 愛子

    • 役職・職階
    • 専任講師
    • 専門分野
    • 健康づくり/スポーツ医学
    プロフィール
    • 効果的なトレーニングとは?自分の健康を見つめてみよう!/地域の健康づくり・豊かな健康まちづくり/インターバル速歩とは?
    • 日頃抱いている「運動」や「健康」「トレーニング方法」などの素朴な疑問を考え、健康づくり教室の実例、その効果を紹介し、実際にそのトレーニング方法を体験することで、健康とは何か、そして自分のこれからの健康づくりを考え向き合う時間にしてもらいたいです。~トレーニング体験は汗をかきます~
    • 授業内容
    • スポーツ医学、生涯スポーツ、スポーツ健康演習・健康運動指導実習を担当しています。
    • 現在取り組んでいる研究テーマ
    • 若年者・中高齢者のトレーニング方法/地域健康づくり
    • 効果的な健康運動実践法
  • 根本 賢一

    根本 賢一

    • 役職・職階
    • スポーツ健康学科長/教授
    • 専門分野
    • 健康教育学/スポーツ医学
    プロフィール
    • 効果的な健康運動実践法
    • 現代生活における運動と健康の意義、運動とからだや心の健康の関係、健康な生活を送るための運動(インターバル速歩、ストレッチング、簡単筋力トレーニングなど)の実践法を具体的に解説致します。
    • 授業内容
    • 健康運動指導法/体力測定と評価/トレーニング科学の理論と実際
    • 現在取り組んでいる研究テーマ
    • 健康づくり/トレーニング法の開発/運動処方
    • スポーツおもしろ講座/テレビ界のスポーツ戦略とスポーツ界のテレビ戦略/企業スポー…
  • 等々力 賢治

    等々力 賢治

    • 役職・職階
    • 副学長/人間健康学部長/教授
    • 専門分野
    • スポーツビジネス論/スポーツ社会学/現代スポーツ論
    プロフィール
    • スポーツおもしろ講座/テレビ界のスポーツ戦略とスポーツ界のテレビ戦略/企業スポーツの歴史と現状/ドーピングの実態と問題点
    • オリンピックやワールドカップ・サッカー大会などメガスポーツ・イベントの開催、あるいは、プロ野球や J リーグのスター・プレーヤーの海外進出が教えているように、今日のスポーツ(イベント)は文字通りワールド・ワイドな広がりを見せ、社会的に大きな影響を与える存在になっています。しかし、それが様々な問題点を内包していることもまた、たしかです。様々な事象を挙げ、その背景や問題点を明らかにし理解を深めることによって、新たな現代スポーツの見方や考え方を提供したいと思います。
    • 授業内容
    • 現代スポーツ論/スポーツ・ビジネス論/スポーツ・メディア論
    • 現在取り組んでいる研究テーマ
    • 現代スポーツ分析/スポーツグローバリゼーション研究/スポーツローカリズム研究
    • 運動のエピジェネティックス効果
    • ゲームを通して考える~自分への気づき~
  • 中島 弘毅

    中島 弘毅

    • 役職・職階
    • 教授
    • 専門分野
    • レクリエーション学/スポーツ社会学/運動とエピジェネティクス
    プロフィール
    • 運動のエピジェネティックス効果
    • 運動は、生活習慣病をはじめ、うつ病などの精神的疾患に至るまで様々な効果があることは良く知られています。ここでは、運動の効果の機序を分子生物学的見地からお話しします。特にDNAのメチル化に焦点を当てながら、運動などの環境が塩基配列の変化を伴わない後天的な遺伝子発現制御(エピジェネティクス)を通して我々の健康にどの様に影響を及ぼしているかについてお話いたします。
    • ゲームを通して考える~自分への気づき~
    • ゲームの中には、いろいろなものが隠れています。しかし、我々は意識することなく、通り過ぎていることが多いものです。ゲームをし、そして振り返ることによって、知らず知らず行っていたことについて再確認することは、とても重要なことではないでしょうか。ちょっと身体を動かして、振り返り、何気ない自分がとっている行動、即ち自分自身について気づき、認識して見ましょう。気づきが私たちを新たな世界に導いてくれるかもしれません。
    • 授業内容
    • レクリエーション論、近代スポーツ史、運動と遺伝子等を担当しています。レクリエーションを考えるときも、スポーツについて考えるときも社会と個人とのつながりを大切にしています。個々人がスポーツをし、健康を維持、増進し、自己実現を図っていくためには、社会はどうあらねばならないか、また、社会の変化によって個々人にもたらされる様々な影響をスポーツおよびレクリエーションはどのように補完してくれるのだろうかを歴史的視点も交えながら社会のあり方、個々人のあり方を考えます。
    • 現在取り組んでいる研究テーマ
    • 運動におけるエピジェネティクス効果について 幼児の運動能力、土踏まず、足趾圧について 高齢者の健康と体力について
    • スポーツを学ぶということ~健康・スポーツ系大学への進路
    • 運動構造から見たスポーツ スポーツ技術を分解する
    • 夢実現のためのStep by Step 教師を目指す君へ
  • 岩間 英明

    岩間 英明

    • 役職・職階
    • 教授
    • 専門分野
    • 体育科教育学
    プロフィール
    • スポーツを学ぶということ~健康・スポーツ系大学への進路
    • スポーツを学ぶ意味や方法について触れながら、体育系大学への進学や、健康・スポーツ指導、体育授業のあり方について、解説していきます。
    • 運動構造から見たスポーツ スポーツ技術を分解する
    • 運動観察の基礎理論や、運動解析を通して、実際のスポーツにおける動きの要素やそれらの練習方法、指導の仕方について考えます。
    • 夢実現のためのStep by Step 教師を目指す君へ
    • 教師を目指している人が、夢実現のための一歩を踏み出すきっかけとなるよう“教師の魅力”と共に、“教師にはどのような力が必要なのか”を改めて考えます。
    • 授業内容
    • 保健体育科指導法/体育原理/運動学/体育実技など、主として運動指導及び、体育授業に必要な基礎的な各科目を担当しています。
    • 現在取り組んでいる研究テーマ
    • これからの体育科教育の在り方/子どもの体力低下に関する分析および対策
    • 宇宙の健康と地上の健康
  • 河野 史倫

    河野 史倫

    • 役職・職階
    • 准教授
    • 専門分野
    • 宇宙医学/骨格筋生理学/エピジェネティクス
    プロフィール
    • 宇宙の健康と地上の健康
    • スポーツをすれば体が強くなる、年をとれば体が衰える。これは、当たり前のことかもしれません。しかし、体を鍛えているのに、体がどんどん衰えていくことがあります。
      地球にいるとあまり気付くことはありませんが、地上では重力に対抗してもの凄く体を使っています。宇宙には重力がありません。たくさんトレーニングを積んだ宇宙飛行士も、宇宙では体が衰えて行きます。地上で年をとるよりもはるかに速いスピードで衰えます。
      この講義を通じて、重力が人体にとって重要な役割を果たしていること、宇宙でも健康でいられるためにはどうしたら良いのかを考えてもらいたいです。
    • 現在取り組んでいる研究テーマ
    • 抗重力筋の特性を獲得するメカニズム/個人差を解明するための骨格筋エピジェネティクス研究
お問い合わせ・お申し込み先

高等学校関係の方

出前講座をご希望の場合は「申込用紙(PDF)」を出力してご記入の上FAXいただくか、お電話でお申し込みください。

申込用紙ダウンロード (高等学校関係の方のみ)

松本大学 入試広報室

電話0263-48-7201

その他各種団体の方

まずはお電話でお問い合わせください。

松本大学 エクステンションセンター

電話0263-48-7210

ページ先頭へ