学部学科・大学院

  1. ホーム
  2. 学部学科・大学院
  3. 総合経営学部の特徴

総合経営学部

総合経営学部の特徴

総合経営学部 学部長
増尾 均 教授

「経営」と「観光」の視点から地域社会全体をマネジメントできる人材を育成

総合経営学部は、松本大学の開学と同時に設置され、地域社会を担う人材を輩出する学部として今日に至ります。地域社会についての理解を深めると同時に、この運営あるいは経営という観点から豊かな地域社会を築くための方法を学べる学部です。
総合経営学部には、地域の企業を知りそこから経営のあり方を学べる総合経営学科、地域の産業である観光や福祉などが学べる観光ホスピタリティ学科の2学科が設置されています。具体的には、総合経営学科では「経済学マネジメント」「経営戦略マーケティング」「消費生活」「人と心理学」の分野が、観光ホスピタリティ学科では「観光マネジメント」「地域文化マーケティング」「福祉まちづくり」の分野が学べるようになっています。
また総合経営学部では地域プロジェクトを行っています。これは、単なる知識の修得にとどまらず、実践的な能力を身につけるというものです。両学科ごとにそれぞれ修得した知識や理論を活かし、実際に地域の持つ具体的な問題に取り組み、解決策を模索する一連の過程において、自ら考え問題を解決できる実践力を育成します。このように総合経営学部は、社会と時代の要請に応え、実学を重視した幅広い領域を学ぶことができるところです。

総合経営学部のカリキュラム構成イメージ

人間健康学部の特徴

  • 資格取得と公務員養成を組み込んだカリキュラム

    資格に対応した各種演習

    カリキュラムには、国家資格取得に役立つ授業科目が数多く配置されています。主要な国家資格はもちろん、公的資格も含め、総合経営学部の学生は卒業までに資格という武器を身につけます。

    徹底した就職指導

    総合経営学部では、少人数クラスの「キャリア形成Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ」(必修科目)で徹底した就職指導を行うなど、独自の就職対策が成果をあげています。また、公務員試験を突破するためのカリキュラムも数多く用意されています。

  • がっちり固める基礎力

    マネジメント力を身につけるために不可欠な基礎力養成のために、学生は全員、ICT(コミュニケーションと情報のスキル)・経営分析・地域スタディの基礎力を徹底して固めたうえで、専門的なマネジメントを学びます。

  • 目標を絞った専門教育

    総合経営学部の専門教育は「豊かで活力ある地域社会を創る」、「一人ひとりの豊かな生活を実現する能力を身につける」ことを目標に、地域社会の総合的経営力を修得していきます。

ページ先頭へ