学部学科・大学院

  1. ホーム
  2. 学部学科・大学院
  3. 【健康栄養学科】特徴

人間健康学部 健康栄養学科

健康栄養学科の特徴

「食と栄養」をテーマに地域の健康づくりを担うプロフェッショナルを養成します

健康栄養学科は、長野県内唯一の管理栄養士養成施設として数多くの管理栄養士を輩出し、地域の健康づくりに貢献しています。管理栄養士は給食計画の作成・評価、病院や介護施設での栄養管理と栄養指導、学校や地域での栄養教育など多彩な仕事を行います。そこで、健康栄養学科では地域での実地教育を織り交ぜながら、食と健康の科学、栄養ケア・マネジメント、地域と食育の3分野をバランスよく学ぶカリキュラムを整え、実践力を備えた食と健康のプロフェッショナルを育成しています。

学びの全体像

主な職業フィールド - 目指すべき将来像 -

管理栄養士を核に食と栄養に関わる仕事は多種多彩

管理栄養士は病院などの医療機関はもとより、一般企業や行政でも多くの栄養専門職として求められています。さらに食品開発や研究分野、栄養教諭としての道もあり、4年間で学んだことを確実に活かしていくことができます。

医療・福祉
  • 病院などの医療機関
  • 老人保健施設などの介護施設・特別養護老人ホームなどの福祉施設
企業
  • 給食関連企業
  • 食品関連会社の商品・研究開発部門
  • ホテル・レストラン・薬局
  • 一般企業の健康管理部門
行政・教育
  • 幼稚園・学校などの教育機関
  • 市町村・県の保健所などの行政機関
研究
  • 大学院への進学
  • 行政・企業の研究部門

教養・基礎

  • ヒューマンベイシックス

    憲法・法律や社会学を学ぶ社会科学、歴史・芸術・哲学などを学ぶ人文科学、そして自然や環境について学ぶ自然科学。この3つの分野は、社会で生きる人間としての教養を形づくる基礎となります。

  • コモンベイシックス

    外国語、外国語コミュニケーション、情報リテラシーなどは、国際社会に生きる現代人に必要な素養です。松本大学では、特に英語によるコミュニケーション能力の育成に力を入れています。

  • 導入科目

    社会人としてどのようなキャリアを目指し、どのように人生を切り拓いていくか、その基本的な考え方を学びます。特に、自分らしい仕事との関わり方について考え、卒業へ向けての心構えを身につけます。

専門分野

  • 食と健康の科学

    健全な食生活や健康のため、食に関する知識と適切に選択する判断力を養います。基礎科目から専門科目まで、実験や実習を主体にしたカリキュラムが特色です。管理栄養士、フードスペシャリストをはじめ、食品衛生管理者、食品衛生監視員など、食品衛生のエキスパートに必要な実践的知識を学びます。

  • 栄養ケア・マネジメント

    科学的に栄養を管理することで、健康づくりや疾病の予防・治療につなげる栄養ケア・マネジメント。保健・医療・福祉の現場で広く実施されているほか、身近な人々の健康管理を考える際にも応用できる栄養管理方法です。講義と実習によって、栄養ケア・マネジメントに対する実践的理解を深めます。

  • 地域と食育

    学校給食の管理を行いながら、他の教員や、家庭、地域と連携して食に関する指導を行う栄養教諭をはじめ、地域の人々に食や栄養の大切さを伝える食育の担い手を育成します。さまざまな情報の中から科学的根拠に基づいた信頼性の高い情報を蓄積し、それを正しく伝えるための技術を習得していきます。

重点的に取り組む資格

  • 管理栄養士(受験資格)
  • 栄養士
  • 栄養教諭一種免許
  • 食品衛生管理者(任用資格)
  • 食品衛生監視員(任用資格)
  • フードスペシャリスト(受験資格)
  • 健康運動実践指導者(受験資格)
など
研究テーマ例
分子栄養学

食や栄養に関わる遺伝子やタンパク質の解析を行う。最近は特に食物アレルギーに重点を置く

食の安全と食環境科学

環境から食品への物質の動態と存在、食品摂取に由来する物質の暴露評価を検討する

食品成分の機能に関する研究

インスリンと同じような働きをする食品成分を見つけ出し、作用メカニズムを研究する

栄養素・ホルモン/発癌による遺伝子発現調節機構の解析

インスリンや長寿に関わる遺伝子に着目して、遺伝子の発現制御機構の解析を行う

ヒトにおける運動調節機構の解析

運動細胞の活動性の変化をみるためのデータ収集から解析・考察まで「研究」を実体験する

食と微生物、食と寿命

食品中の微生物とその健康維持への寄与、また、食と寿命の関係などを研究する

食品のおいしさに及ぼすテクスチャーの影響

介護食やアレルギー対応食のテクスチャー評価などを行う

人々の食べ方について探求する - 栄養調査と栄養教育 -

人々の健康づくりを「食」の面からサポートすることをめざし、「人々の今の食べ方を探る」「より良い食べ方をサポートする」ための実践的研究に取り組む

食の社会学

「食」にかかわる事象を社会学の観点から探究する

地場産品の高次利用法の開発

地場農産物の新規食品素材、加工、貯蔵法の開発などを行う

給食の可能性を探究する

給食をより良い食育の媒体とするための提案を目指す

「食を命に結び、食で命をもてなす」実践活動と臨床栄養教育

地元食材を使用した郷土料理の介護食(嚥下訓練・調整食)への展開、糖尿病・炎症性腸疾患における患者交流会の企画・運営

ページ先頭へ