学部学科・大学院

  1. ホーム
  2. 学部学科・大学院
  3. 【松本大学大学院】特徴

松本大学大学院

松本大学大学院の特徴

健康科学研究科 研究科長
山田 一哉 教授

栄養と健康の両面から健康づくりを研究し、その成果を社会に還元できる人材を育成

高齢化社会に向けて、人びとの生活の質(QOL)を高めていくためには、「栄養」「運動」「休養」の3要素が必要といわれています。松本大学大学院健康科学研究科では、「栄養科学」と「スポーツ科学」をベースに、医学・薬学・農学等の周辺学術分野と融和した「健康科学」分野の基礎的・実践的研究教育を行っています。「健康の維持・増進」や「健康づくり」をキーワードに、さまざまな課題を解決するため、科学的思考を深めて確かな技術で研究を進め、得られた成果を地域に還元できる高い専門性をもったリーダーとなる人材を育成しています。 本研究科では文部科学省の「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」をもとに、県内他大学と連携して「健康長寿長野研究会」という学術研究発表会を開催し、健康長寿に関連した情報交換を行っています。また、本学の建学の理念である「地域貢献」のために、さまざまな学術情報を地域に向けて発信し、地域住民の健康維持・増進に関わる人びとの学術的サポートの拠点としての役割も担っています。 大学院生は、学部卒業生だけではありません。管理栄養士・食品衛生管理者(監視員)・健康運動指導士などの有資格者だけでもありません。看護系・臨床検査系・理学療法系・その他の短大・大学を卒業し、広く社会で活躍している社会人大学院生も数多く在籍しています。研究は「未知のことがらを既知に変える」知的な取り組みです。教員の研究領域は基礎から実践まで、あるいはミクロからマクロまでを幅広く広くカバーしています。本研究科は広く門戸を開放していますので、関心をお持ちの方はぜひ私たちの扉を叩いてください。

健康科学研究科の学び

修了後の進路例

栄養・運動専門融合型
(1a・1b)
  栄養・運動専門スキルアップ型
(2a・2b)
  基礎研究型
(3)
健康増進施設・保健所・行政・保健・福祉施設 等 病院・大学・教育機関・福祉施設 等 企業・教育機関・研究施設 等
食と運動の両面から「健康づくり」を研究し、行政等とタイアップした現場で、両知識を活かせる指導者を育成。 生活習慣病の一次予防に向け、病院・福祉施設・企業等の業務でスキルアップした専門家として活躍する人材を育成。 地域社会の健康づくりを学術的にサポートできる研究・教育者の育成。

「健康科学」の学びを中心に目指す4分野に向けて専門領域をバランスよく学ぶ。

開講科目一覧

専門基礎科目 健康科学特論、健康運動学特論、運動生理学演習、神経生理学特論、スポーツ栄養学特論、スポーツ栄養情報処理演習、遺伝子機能解析学特論、環境保健学特論、生命倫理学特論、健康診断学特論、健康免疫学特論、ゲノム科学特論、内分泌学特論、臨床心理学特論、運動と脳科学特論、健康と病の社会学特論(社会調査法含む)
専門科目 栄養科学領域 食品学特論、食品微生物学特論、フードマーケティング特論、食・栄養教育特論、食生活調査実践演習、食と老化特論、臨床栄養学特論、病態栄養学演習、栄養疫学特論、分子栄養学演習、公衆衛生学特論、病態栄養学特論、ガストロノミー論
スポーツ科学領域 健康運動指導法演習、加齢と健康特論、レクリエーション特論、健康と宇宙医学・生理学特論、骨格筋生理学特論、運動調節機構演習、スポーツ政策特論、地域スポーツ振興特論、レジャー・余暇特論
特別研究

教員免許取得

中学校教諭専修免許(保健体育) 高等学校教諭専修免許(保健体育) 栄養教諭専修免許

育成する人材

  • 「栄養」の分野に関わる人が「運動」について、また、「運動」の分野に関わる人が「栄養」について専門性を高め、「健康科学」の面から総合的に地域や行政のプランニングやその推進等を指導できる人材
  • 健康運動指導士・健康運動実践指導者・レクリエーション・インストラクターなど「運動」に関わる有資格者としてスキルアップした人材
  • 管理栄養士・栄養士・食品衛生管理者・食品衛生監視員などの「食と栄養」に関わる有資格者として、より高い専門性を備えたスキルアップした人材
  • 実験・研究に関する専門性を高めた食品・製薬会社の研究職・専門職を目指す人材

松本大学大学院の新着情報

ページ先頭へ