学部学科・大学院

  1. ホーム
  2. 学部学科・大学院
  3. 【スポーツ健康学科】特徴

人間健康学部 スポーツ健康学科

スポーツ健康学科の特徴

運動の専門知識を活かして、社会の要請に応える人材を育成

カリキュラムは、健康づくり、運動・スポーツの指導者やプロデューサーとして活躍する人材の育成を目指して編成されており、専門資格取得だけではなく、地域社会の健康づくりに寄与できるスペシャリストを育成します。また、スポーツ医学などの科学的知見、スポーツ指導における人間関係づくりに関する専門的知識、測定機器や各種調査に基づいた運動処方を作成する応用力、マネジメント能力や企画・立案力を体系的に学び、専門能力を養成します。

学びの全体像

主な職業フィールド - 目指すべき将来像 -

健康への意識が高まる時代に専門の指導者は広く求められる人材

高齢社会、健康志向…さまざまな観点から健康・運動に関わる指導ができる人材が求められています。

医療・福祉
  • 病院などの医療機関
  • 養護老人ホーム、老人保健施設など
行政・地域
  • 自治体職員
  • 行政委託のNPO、健康指導員
教育
  • 学校などの教育機関(保健体育、養護教諭)
研究
  • スポーツ関連大学院進学
  • 教育・医学
  • 行政・企業の研究部門、研究所
企業
  • マスコミなどのスポーツ部署
  • イベント運営、広告会社
  • 一般企業の健康管理部・広報部署
  • 医療機器メーカー
  • 健康器具販売会社
  • 民間スポーツ施設(スポーツトレーナー)

教養・基礎

  • ヒューマンベイシックス

    憲法・法律や社会学を学ぶ社会科学、歴史・芸術・哲学などを学ぶ人文科学、そして自然や環境について学ぶ自然科学。この3つの分野は、社会で生きる人間としての教養を形づくる基礎となります。

  • コモンベイシックス

    外国語、外国語コミュニケーション、情報リテラシーなどは、国際社会に生きる現代人に必要な素養です。松本大学では、特に英語によるコミュニケーション能力の育成に力を入れています。

  • 導入科目

    社会人としてどのようなキャリアを目指し、どのように人生を切り拓いていくか、その基本的な考え方を学びます。特に、自分らしい仕事との関わり方について考え、卒業へ向けての心構えを身につけます。

専門分野

  • 運動指導による健康づくり

    医学や運動生理学の専門知識に基づいて適切な運動プログラムを処方し、健康運動指導を行う手法を学びます。高齢社会における国家的な健康増進運動を推し進める担い手として注目される健康運動指導士は、医療機関、健康増進施設、福祉施設、スポーツセンター、NPO法人など幅広いフィールドで活躍しています。

  • 健康・スポーツビジネス

    プロ・スポーツ界は、選手をサポートする仕事やマーケティング・マネジメントなどが支えています。また、健康づくりへの関心が高まり、健康運動関連のさまざまなビジネスが生まれています。スポーツと健康を取り巻く産業構造や政策などを学び、多彩な職種で活かせる実践力や、ビジネスチャンスを創り出す力を養います。

  • 子どもの心と体の育成

    子どもたちの体力や運動能力の低下で体育・健康教育の重要性が高まっています。教育現場や地域でのレクリエーションなどを通して、子どもたちに運動の楽しさや健康の大切さを伝えられる、確かな知識と指導技術、そしてコミュニケーション能力を養います。また、保健体育、養護教諭の免許取得も目指すことができます。

重点的に取り組む資格

  • 健康運動指導士(受験資格)
  • 健康運動実践指導者(受験資格)
  • 日本体育協会公認スポーツ指導者※1
  • 日本体育協会公認アシスタントマネジャー
  • 日本サッカー協会公認C級コーチ
  • 日本サッカー協会公認キッズリーダー
  • トレーニング指導者(受験資格)
  • レクリエーション・コーディネーター(受験資格)
  • レクリエーション・インストラクター
  • 第一種衛生管理者
  • 高等学校教諭一種免許[保健体育][保健]
  • 中学校教諭一種免許[保健体育][保健]
  • 小学校教諭二種免許※2
  • 養護教諭一種免許
  • 介護職員初任者研修
  • ※1養成講習会における共通科目の受講が免除されます。
  • ※2明星大学通信教育部との教育業務提携により取得ができます。
研究テーマ例
超少子高齢社会におけるスポーツビジネスの可能性

地域の活性化とスポーツ振興を担う人材と産業の育成を目指す

効果的な運動トレーニング法の開発とその指導法の確立

対象者に応じた運動指導ができる人材育成を目指す

スポーツ選手・指導者の現実に、質的な研究方法で迫る

スポーツ心理学領域における「なぜ?」に対峙する

人間関係構築力に活かすレクリエーション支援技術

異質を受け留める"コミュニケーションスキル"を磨く

各学生が関心を持つ社会科学系のスポーツ問題

「スポーツ基本法」下でのスポーツ環境を考える

スポーツの世界を拓く体育科教育や運動指導とは

的確な体育理論と実践力を併せ持った指導者を目指して

高地環境(低圧、低酸素、寒冷など)下における体力医学的研究

運動生理学の立場からの検討

健康にまつわる私たちの「身近な科学」の探求

社会に求められる健康運動指導士の実践力を養う

現代日本におけるスポーツの現状と問題点
養護教諭活動の探求及び地域医療・保健へのアクセス
地域における健康づくりとスポーツ振興に関する研究

スポーツ健康学科の新着情報

ページ先頭へ