大学情報

支援機関 国際交流センター

グローバル時代にふさわしい
語学やコミュニケーション能力を修得

異文化体験を通して、グローバルな素養を育むために、国際交流センターでは多彩なプログラムで留学をサポートしています。
海外研修に参加し基準を満たした場合には、申請により松本大学同窓会や企業からの支援金が支給されます。

国際交流センターとは

交換留学

期間:半年~1年間/対象:全学

単位認定し、留学先の授業料も免除

 本学に在学したまま、海外の協定校・連携校に半年間または1年間の留学が可能です。留学先で修得した単位は科目に応じて本学の単位として認定されます。また、本学に学費を納付すれば留学先の授業料は免除されます。多くの留学先では、学生寮を利用できるので生活費も比較的安く抑えることができます。

単位や受け入れ条件は留学先大学により異なり事前の相談が必要です。

留学先大学
東新大学、済州大学、嶺南師範学院、パルドゥビツェ大学、義守大学

短期研修プログラム

期間:2週間~1カ月/対象:全学

短期間で異文化を体験できる機会

 夏休みや春休みなど長期休暇を利用して実施される、2週間〜1カ月ほどの短期研修プログラム。語学力を磨くだけではなく、留学先の国の文化や歴史など、さまざまな体験ができる貴重な機会です。留学先では寮を利用するかホームステイすることになります。

単位や受け入れ条件は研修先大学により異なり事前の相談が必要です。

研修先大学
東新大学、済州大学、嶺南師範学院、トンプソン・リバーズ大学、メリビル大学、リージェンツ大学、ニューカッスル大学(湘北短期大学との共同プログラム)

留学生との交流

 外国人留学生に加え、交流協定校から訪れている交換留学生が、本学のキャンパスでともに学んでいます。日常的にコミュニケーションを図ることが難しいと感じる学生たちのためには、「国際交流クラブ」や夏と冬の「短期日本語プログラム」などで親睦の場も設けています。外国人留学生・交換留学生と交流することにより、日本にいながらにして語学や異文化コミュニケーション能力の修得、グローバル時代にふさわしい見識を広げることができます。また、松本大学では、より一層英語教育に力を入れながら、グローバル化に対応する人材育成を目指しています。

平成30年度の国際交流事業

協定校(大学間協定、学部間協定等)
東新大学(韓国)、済州大学(韓国)、嶺南師範学院(中国)、中国人民大学(中国)、パルドゥビツェ大学(チェコ)、義守大学(台湾)
連携校:「海外研修」実施校
【人間健康学部、教育学部、松商短期大学部】メリビルカレッジ(米国)、ニューヨーク市立大学(米国)、リージェンツ大学(イギリス)、トンプソン・リバーズ大学(カナダ)
【全学部対象】ニューカッスル大学(オーストラリア)

TOEIC対策講座

TOEIC対策講座

正課外で年間30回の講座
TOEICに挑戦する学生を強力に支援

TOEICは、世界各国の企業、学校、団体で、採用試験や昇進の基準など、さまざまな目的で活用されています。正課内でのレベル(入門・初級・中級・実践)に応じたTOEIC対策授業とは別に「TOEIC対策講座」を開講。専門の講師が年間30回の講座を行い、600点以上の獲得を目指します。TOEIC試験を学内で格安の受験料で実施し、得点に応じた奨励金制度も導入。社会人に必要な英語スキル獲得に挑戦する学生を支援しています。

English Café

フリートークを楽しみながら英語に慣れるための場

誰もが気軽に英語のフリートークに参加できるのが、English Caféです。日本人学生と外国人留学生、外国人教員とのカフェスタイルのオープンな交流を通して、学内で異文化体験や英語の学びを育む場として開設されています。

大学情報Contents

このページ先頭へ