教育・研究

方針と施策 共通教養教育

松本大学が目指す教養教育

松本大学では、各学部・学科の専門教育とは別に、全ての学生が共通に学ぶ教養教育を実施しています。建学の精神である「自主独立」と基本理念である「地域貢献」を体現する人材の育成に向けて、その基礎となる知識の修得とともに、幅広いものの見方や考え方を鍛え、自律的かつ自主的な学びの姿勢を培うことを目的としています。

共通教養教育とは

[導入科目][コモンベイシックス][ヒューマンベイシックス][キャリア形成]の4分野によって構成されており、それぞれの分野の中に関連する科目を現代的な諸課題あるいはテーマでくくった科目群として示し、意識的・意欲的な学びを促します。

導入科目

本学で学ぶ基礎となる、地域社会と大学との関係や役割に対する理解や学びの基礎力を培います。

大学で学ぶための基礎科目群
  • 地域社会と大学教育
  • 知の技法
  • 基礎ゼミナールⅠ・Ⅱ

コモンベイシックス

全ての学生について共通に英語力の向上を図り、情報社会に不可欠なメディアリテラシーを涵養します。

外国語科目群
  • 総合英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • 英会話Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • TOEICⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
情報リテラシー科目群
  • ICTと情報倫理
  • 情報処理Ⅰ(WORD)
  • 情報処理Ⅱ(EXCEL初級)
  • 情報処理Ⅲ(EXCEL上級)
  • 情報処理Ⅳ(パワーポイント)
  • 情報処理Ⅴ(ホームページ)

ヒューマンベイシックス

学生がそれぞれの興味・関心に基づいて選択し、地球規模のあるいは地域の諸課題・問題に対する見方や考え方を鍛え、解決へと導く基礎力を培います。

人間といのちを考える科目群例
  • こころと体の健康
  • 生命倫理
  • 哲学
  • 心理学概論 他
現代の日本社会を理解する科目群例
  • 新聞に見る社会の動き
  • 経済入門
  • 国際経済
  • 近代日本の歴史 他
環境・自然を科学する科目群例
  • 基礎統計学
  • 生物学の基礎
  • 地球環境と人間生活
  • 環境社会学 他
異文化理解と国際交流科目群例
  • 日本文化
  • 異文化理解
  • 文化人類学
  • 海外研修
  • 海外事情 他
地域を考える科目群例
  • 地域の歴史
  • 地域の伝統行事
  • 地域社会と学校教育
  • 地域課題研究A・B・C 他

キャリア形成

社会人としての将来像を描きつつ学びの意義を問い、学ぶ意欲を養い深めます。

キャリア教育科目群
  • キャリア入門
  • キャリアデザインⅠ・Ⅱ
  • ワークインフォメーション

共通教養教育カリキュラム編成のイメージ

このページ先頭へ