学部学科・大学院

「経営」と「観光」の視点から豊かな地域社会を築く人材を育成

総合経営学部は、松本大学の開学と同時に設置され、地域社会を担う人材を輩出する学部として今日に至ります。地域社会についての理解を深めると同時に、この運営あるいは経営という観点から豊かな地域社会を築くための方法を学べる学部です。
総合経営学部には、地域の企業を知りそこから経営のあり方を学べる総合経営学科、地域の産業である観光や福祉などが学べる観光ホスピタリティ学科の2学科が設置されています。
また総合経営学部では地域プロジェクトを行っています。これは、単なる知識の修得にとどまらず、実践的な能力を身に付けるというものです。両学科ごとにそれぞれ修得した知識や理論を活かし、実際に地域の持つ具体的な問題に取り組み、解決策を模索する一連の過程において、自ら考え問題を解決できる実践力を育成します。このように総合経営学部は、社会と時代の要請に応え、実学を重視した幅広い領域を学ぶことができるところです。

総合経営学部 学部長
増尾 均教授

総合経営学部のカリキュラム構成イメージ

「経営」と「観光」を中心に幅広い領域を学びます

学部及び学科の教育研究上の目的

総合経営学部

地域社会の総合的運営に関わる研究を推進し、それを基盤に、社会を構成する諸組織体のマネジメントに関する理解と能力を高めつつ、地域社会を総合的に捉える素養と、それにもとづく総合的な経営能力を養う。もって活力ある地域社会の創造に貢献しうる人材を養成する。

総合経営学科

社会一般及び地域社会を構成する重要な要素である企業に関わる総合的な経営知識を教授し、地域社会の運営を視野に入れて行動しうる、良識ある企業人の養成を目指すとともに、企業社会で活動するための知識・技術を涵養する。

観光ホスピタリティ学科

ホスピタリティの精神・技術を活かし我が国観光の発展に寄与するとともに、持続可能な観光と福祉社会の基盤となる地域づくりに貢献するため、地域社会全体の運営にかかわる知識・技術を身につけた人材を養成する。同時に、現代的課題である万人対応型の観光に資する能力をも涵養する。

このページ先頭へ