学部学科・大学院

栄養と運動の専門家として地域社会の健康に貢献する

広く知られているように、今日、わが国は世界でも有数の長寿国となりました。しかし一方、超高齢社会を迎え、増大する国民総医療費が医療保険制度の崩壊すら招きかねない事態に至っています。厚生労働省は、この危機的状況を回避するために、疾病予防、予防医学に重点をおいて健康の維持・増進策を展開しつつあります。そして、こうした国の施策を具体的に支える重要な職種として位置づけられているのが、栄養指導、運動指導に関する豊富な知識とスキルを備えたプロフェッショナルです。病院や老人保健施設はもちろん、自治体、企業、学校などにおいて、管理栄養士や健康運動指導士の活躍が期待され、求められています。
本学部は、栄養・運動・医療各分野の優れた教員と、最新の設備・機器を備えています。学生諸君は、そうした恵まれた学習環境の中で思う存分学業に専念できるでしょう。幅広い専門的知識の修得と豊富な実習を通じて得られるさまざまな体験や発見の喜びを実感しながら、地域住民・社会に貢献するという高い志を育み、幅広く活躍できるプロフェッショナルに成長してもらいたいと、学部教員一同、切に願っています。

人間健康学部 学部長
等々力 賢治教授

人間健康学部のカリキュラム構成イメージ

地域社会に貢献する栄養と運動指導のプロフェッショナルを育む2つの学科

学部及び学科の教育研究上の目的

人間健康学部

美しく豊かな自然に恵まれた環境のなかで、創造性に富み、人間性や社会性が豊かな人づくりを目指し、「食と栄養」、「運動・スポーツ」を通して社会の活性化を図るとともに、人々の健康の維持・増進を図り、医療・福祉の向上に寄与することを目的とする。

健康栄養学科

  1. 疾病を予防し、健康を維持・増進する食生活を実現するために、食や健康そして障がいに関わる問題を教育・研究する。
  2. 人間の栄養状態を的確に把握し、適正化する方法を健康科学の面から探求し、専門分野において社会に貢献できる人材を育成する。
  3. 人々の健康づくりおよび、地域の活性化に関わる課題を「人間栄養学」の視点から健康と栄養との関係を捉え、総合的に分析、評価できる高い専門性を備えた人材を育成する。

スポーツ健康学科

  1. 人々の健康づくりおよび、地域の活性化に関わる課題を「運動・スポーツ」の視点から研究・教育する。
  2. 幅広い教養と人間力を土台に、「運動・スポーツ」を学際的・総合科学的視点から捉え、多角的に分析・把握できる高度な専門性と実践力を備えた人材を育成する。
このページ先頭へ