学部学科・大学院

松本大学大学院 健康科学研究科の特徴

人々の健康の維持・増進に関わる健康科学を研修し、社会に還元できる指導的人材を育成

健康科学研究科は、栄養分野やスポーツ分野の応用・実践的な科学を基盤に、関連する周辺学術分野と融和した健康科学の学術研究教育活動を通して、「栄養」「運動」および「こころ」の面から「健康づくり」を探究し、その成果を社会に還元することで、人々の健康の維持・増進、生活の質(QOL)の向上、地域社会の活性化などに寄与できる専門性の高い指導的立場の人材を育成します。また、信州という地域特性を踏まえ、高度専門職業人として健康科学の実践・発展に貢献する人材、今後さらに重要性が増す健康科学の研究技術者・教育者の養成を目指し、管理栄養士・健康運動指導士などの有資格者だけでなく、他学部出身者および社会人の受け入れも積極的に行っています。

研究科長
山田 一哉教授
このページ先頭へ