学部学科・大学院

人間健康学部 健康栄養学科 健康栄養学科の特徴

「食と栄養」をテーマに地域の健康づくりを担うプロフェッショナルを養成します

健康栄養学科では、食と健康の科学、栄養ケアプロセス、地域と食をカリキュラムの3本柱とし、長野県内で最初の管理栄養士養成施設として数多くの管理栄養士を輩出しています。

学科専門分野カリキュラム

1臨床栄養コース

「臨床栄養」とは病床に臨んで患者の栄養状態を診断し栄養介入の経過を再評価する学問です。「栄養ケアプロセス」という国際的に標準化されたシステムを臨床医学と関連づけて学びます。介護職員初任者研修を受講することもできます。

2スポーツ栄養コース

「栄養学」をベースに、運動や健康づくりに関連する知識を習得し、様々な現場で実習を重ねて将来スポーツに精通した栄養士として活躍できる実践力を養います。栄養指導とともに運動指導についても学びます。栄養教諭一種免許状、レクリエーション・インストラクターなどの資格取得を目指します。

3フードデザインコース

管理栄養士の学習を基に、マーケティング、流通、食の機能、調理、食文化の知識を身に付けた、食に関わる商品の開発が出来る食のトータルアドバイザーを目指し、「食」の素材から消費までを学習します。フードコーディネーターなどの資格取得を目指します。

4食品安全コース

食の安全を柱とするコースで、食品の衛生や機能といった分野を学びます。食品の安全性を確保するための考え方や実践、また身体の機能調節に関与するとされる食品因子と生体分子の関わりなどについて学びます。

目指す将来のイメージ

食を通して地域の健康を支える人材

管理栄養士資格取得を学びの核に、積極的に実地教育を取り入れたカリキュラムを展開します。管理栄養士養成の実績はもちろん、食と栄養に関する様々な分野で活躍する卒業生が多いことも特徴です。

医療・福祉
  • 病院などの医療機関
  • 老人保健施設などの介護施設・特別養護老人ホームなどの福祉施設
  • 保育園
企業
  • 給食関連企業
  • 食品関連会社の商品・研究
  • 開発部門
  • ホテル・レストラン・薬局
  • 一般企業の健康管理部門
行政・教育
  • 幼稚園・学校などの教育機関
  • 市町村・県の保健所などの行政機関
研究
  • 大学院への進学
  • 行政・企業の研究部門
このページ先頭へ