学部学科・大学院

人間健康学部 スポーツ健康学科 スポーツ健康学科の特徴

運動の専門知識を活かして、社会の要請に応える人材を育成

カリキュラムは、健康づくり、運動・スポーツの指導者やプロデューサーとして活躍する人材の育成を目指して編成されており、専門資格取得だけではなく、地域社会の健康づくりに寄与できるスペシャリストを育成します。

学科専門分野カリキュラム

1予防医学・健康づくりコース

医学や運動生理学の専門知識に基づいて適切な運動プログラムを処方し、健康運動指導を行う手法を学びます。高齢社会における国家的な健康増進運動を推し進める担い手として注目される健康運動指導士は、医療機関、健康増進施設、福祉施設、スポーツセンター、NPO法人など幅広いフィールドで活躍しています。

2ヘルスケア・スポーツビジネスコース

プロ・スポーツ界は、選手をサポートする仕事やマーケティング・マネジメントなどが支えています。また、健康づくりへの関心が高まり、健康運動関連のさまざまなビジネスが生まれています。スポーツと健康を取り巻く産業構造や政策などを学び、多彩な職種で活かせる実践力や、ビジネスチャンスを創り出す力を養います。

3学校体育・健康教育コース

子どもたちの体力や運動能力の低下で、体育・健康教育の重要性が高まっています。教育現場や地域でのレクリエーションなどを通して、子どもたちに運動の楽しさや健康の大切さを伝えられる、確かな知識と指導技術、そしてコミュニケーション能力を養います。また、保健体育、養護教諭の免許取得も目指すことができます。

目指す将来のイメージ

運動を通して地域の健康づくりを担う人材

医療・福祉施設の指導者や学校の教員として、運動で地域を支える人材を輩出しています。また、運動を学問分野から突き詰めたり、ビジネス面から考察する視点も身に付き、活躍の幅が大きく広がっています。

医療・福祉
  • 病院などの医療機関
  • 養護老人ホーム、老人保健施設など
研究
  • スポーツ関連大学院
  • 行政・企業の研究部門、研究所
  • 教育・医学
行政・地域
  • 自治体職員
  • 行政委託のNPO、健康指導員
企業
  • マスコミなどのスポーツ部署
  • 一般企業の健康管理部・広報部署
  • 健康器具販売会社
  • イベント運営、広告会社
  • 医療機器メーカー
  • 民間スポーツ施設 (スポーツトレーナー)
教育
  • 学校などの教育機関 (保健体育、養護教諭、保健)
  • 幼児体育専門職員
このページ先頭へ