学部学科・大学院

総合経営学部 総合経営学科 総合経営学科の特徴

実社会で役立つ実践的な経営力を育成

経済学とマネジメント、消費と生活、経営戦略とマーケティング、人と心理学の4つの専門分野を総合的に学修し、地域経営の実践を体験しながら、公務員を含めた多彩な分野で活躍できる総合的な経営能力を修得します。

学科専門分野カリキュラム

1経済学とマネジメント

企業が公正かつ効果的なマネジメントを行う上で、いかに戦略を立て、組織を作り、人を動かすかという経営学の基礎的な概念と理論について学び、企業のマネジメントについて考える基礎的な視点を身に付けます。

2消費と生活

基礎的な経済理論をふまえ、個人や家計のライフスタイル全般から生じうる諸問題を解決するための手法を学び、教育、仕事、余暇、家族、投資、貯金、年金、医療、介護などの大切なテーマについても学びます。

3経営戦略とマーケティング

理論だけではなく、自ら調査・分析し、問題や課題を見つけ実施する問題解決型学習や、社会で活躍するビジネスパーソンから直接学ぶアウトキャンパス・スタディを通して経営戦略とマーケティングを多角的に学びます。

4人と心理学

社会人、企業人、家庭人。これらに共通する「人」をテーマにして、心の仕組み、人格について、ストレスと精神疾患、傷ついた心の回復を目的とした心理的アプローチ、組織における人の重要性などを学びます。

目指す将来のイメージ

地域が持つ問題に向き合い、解決できる人材

学んだ理論をもとに地域の課題に取り組み、解決策を模索する中で経営のあり方を学びます。実学重視のカリキュラムで実践力を育成し、幅広い分野で総合的な経営能力を持つ卒業生が活躍しています。

管理・マネジメント

組織やチームのリーダーとして製造、小売、サービス、金融など幅広い分野で活躍します。

国際ビジネス

語学力とコミュニケーション能力を活用して、海外のフィールドで活躍します。

営業・販売

マーケティングや流通の知識を活用して営業や販売促進の分野で活躍します。

公務員・教員

行政・自治体、教員や教育産業など活躍の場を広げます。

会計・総務

簿記や財務会計の知識・スキルを活かして経理のスペシャリストとして活躍します。

産業カウンセラー

企業や組織で働く人の心のケアをする産業カウンセラー資格が取得できます。

ファイナンシャルプランナー
消費生活アドバイザー

生活者の視点から生涯設計や消費者保護のプロフェッショナルとして活躍します。

このページ先頭へ