教育・研究

活動紹介

地域連携活動事例

このページでは松本大学が取り組む様々な地域連携活動の実施概要を一覧でご紹介しております。
アウトキャンパス・スタディの事例や、考房『ゆめ』、地域健康ステーションなどで、詳細をご紹介している活動もありますので、それぞれの専用ページもあわせてご覧ください。

アウトキャンパス・スタディ事例地域づくり考房『ゆめ』地域健康支援ステーション

イベント情報、教育研究情報については別ページにテーマ毎にまとめてありますので、合わせてご確認ください。

イベント情報教育研究情報

2018年度

  • 活動名伊東ゼミアウトキャンパス

    伊東ゼミアウトキャンパス

    実施日 2018/11/29
    概要 広報誌の編集発行という手段を通して、情報を収集し、編集し、伝える能力を身に着けることを目指す。すでに各学生はテーマを決め、可能な調査や情報収集を行いるが、学校を離れた場で生のテーマに触れ、調査する機会を通して、体験実態に基づく完成度の高い卒業研究にしたいと考える。実施に先立って可能な範囲で事前調査を行いながら、各自が持つテーマと見学先での調査内容をあらかじめ明確にして当日に臨み、課題レポートの提出及び卒業研究の完成を目指す。
    担当教授 伊東 直登
    学科松商短期大学部
    分野 アウトキャンパス・スタディ
    活動場所 京都文化博物館 他
    連携・受入 各博物館等
  • 活動名みえIBD患者会in鈴鹿医療科学大学

    みえIBD患者会in鈴鹿医療科学大学

    実施日 2018/11/17
    概要 IBDとは炎症成長肝疾患の略語で代表的な疾患にクローン病と潰瘍性大腸炎がある。患者会の事務局長を元本学の非常勤講師であった中東真紀先生が担当されている経緯から、患者交流会の1回を昼食会にして、臨床栄養学研究室の学生が開発したメニューの試食会と災害時の備蓄調査を行う。料理は低脂質・易消化食に調整した料理をバイキング形式で提供し、患者の摂取栄養量を学生が計算して説明する。終了後は昨年作成した㈱EAファーマのHPにも掲載されている「IBD(It's a Beatiful Life)レシピ~腸にやさしい料理集」を配布し、IBDの食事療法に関するミニ講座を行うとともに、昨年配布した備蓄チェックリストや備蓄啓発マグネットの使用状況に関する調査を行う。
    担当専任講師 藤岡 由美子
    学科人間健康学部 健康栄養学科
    分野 アウトキャンパス・スタディ
    活動場所 鈴鹿医療科学大学
    連携・受入 みえIBD患者会
  • 活動名泥リンピック

    泥リンピック

    実施日 2018/11/14
    概要 アルプス安曇野公園で行われる泥リンピックの企画運営担当として参加し、レクリエーション支援を実践的に体験する。
    担当教授 中島 弘毅
    学科人間健康学部 スポーツ健康学科
    分野 アウトキャンパス・スタディ
    活動場所 アルプスあづみの公園管理センター堀金・穂高地区
    連携・受入 アルプスあづみの公園管理センター堀金・穂高地区
  • 活動名小布施町「地域社会づくり」

    小布施町「地域社会づくり」

    実施日 2018/11/10
    概要 小布施町の取り組んでいる「地域社会づくり」を見学し、地域の民度について考察する。
    担当非常勤講師 江成 康明
    学科人間健康学部 スポーツ健康学科
    分野 アウトキャンパス・スタディ
    活動場所 小布施町
  • 活動名尖石縄文考古館

    尖石縄文考古館

    実施日 2018/11/10
    概要 学芸員による遺跡の案内及び館内に展示してある縄文時代の発掘物についての説明、縄文時代についての当館でのセミナーに参加など。
    担当教授 今泉 博
    学科教育学部 学校教育学科
    分野 アウトキャンパス・スタディ
    活動場所 尖石縄文考古館及びその周辺の遺跡
    連携・受入 尖石縄文考古館
  • 活動名小・中学校道徳研究授業参観

    小・中学校道徳研究授業参観

    実施日 2018/11/9
    概要 長野県道徳教育学上田研究大会の上田市立豊殿小学校・上田市立第一中学校の道徳の研究授業を参観する。
    担当准教授 征矢野 達彦
    分野 アウトキャンパス・スタディ
    活動場所 上田市立豊殿小学校・上田市立第一中学校
    連携・受入 長野県道徳教育学会
  • 活動名専門研究&卒業研究

    専門研究&卒業研究

    実施日 2018/11/9
    概要 乗鞍高原地酒フェスタでのイベント準備、運営。
    担当教授 益山 代利子
    学科総合経営学部 観光ホスピタリティ学科
    分野 アウトキャンパス・スタディ
    活動場所 乗鞍高原 乗鞍観光センター
    連携・受入 のりくら観光協会女性の部・松本観光コンベンションセンター
  • 活動名生坂教育委員会連携事業 ゼミナール授業

    生坂教育委員会連携事業 ゼミナール授業

    実施日 2018/11/5
    概要 生坂教育委員会との連携業として、生坂小学校児童(1~6年生)のためのコミュニケーション授業を担っている。
    犬飼研究室では、ゼミナール学生のアウトキャンパスとして、事業を学生の学びに活用している。
    2018/11/5、15、21の計3回実施。
    担当教授 犬飼 己紀子
    学科人間健康学部 スポーツ健康学科
    分野 アウトキャンパス・スタディ
    活動場所 生坂小学校
    連携・受入 生坂教育委員会
  • 活動名レクリエーション実技Ⅱ

    レクリエーション実技Ⅱ

    実施日 2018/11/4
    概要 レクリエーション実技Ⅱにおいて、動植物、地理、歴史を含めた自然の成り立ちと特徴を学びながら、自然の中を歩くことの意味について考える。
    担当教授 中島 弘毅
    学科人間健康学部 スポーツ健康学科
    分野 アウトキャンパス・スタディ
    活動場所 上高地
  • 活動名社会科指導法Ⅱ

    社会科指導法Ⅱ

    実施日 2018/11/4
    概要 上高地周辺で地域調査を通して、中学校社会の学習で必要な教材の開発及び収集の方法について具体的に学ぶ。
    担当非常勤講師 平澤 香
    分野 アウトキャンパス・スタディ
    活動場所 上高地
  • 活動名道の駅「中条」

    道の駅「中条」

    実施日 2018/11/3
    概要 松本大学×道の駅「中条」×国交省 連携企画88(やまんば)プロジェクトの活動一環 学生が考案した笹クレープ、ナカジョニーの〇×クイズ、自然の遊び(草相撲、笹舟つくり)、88プロジェクトファームの西山大豆の収穫を実施する。
    担当教授 小林 俊一教授 清水 聡子教授 成 耆政
    学科総合経営学部 総合経営学科
    分野 アウトキャンパス・スタディ
    活動場所 道の駅「中条」
    連携・受入 道の駅「中条」
  • 活動名富士山洞窟探索エコツアー

    富士山洞窟探索エコツアー

    実施日 2018/11/3
    概要 エコツーリズムⅠの講義において、実際に環境省のエコツアー大賞を受賞したツアーに参加し、エコツーリズムの事例から学ぶ。
    現地のフィールド利用ガイドラインにより、学生は20名程度の4チームに分かれ、それぞれに専門のガイドがついて3時間で青木ヶ原樹海の遊歩道と火山洞窟を案内、解説などを行う。学生は体調により、一部見学道が可能。
    担当准教授 中澤 朋代
    学科総合経営学部 観光ホスピタリティ学科
    分野 アウトキャンパス・スタディ
    活動場所 富士山山麓 青木ヶ原樹海
    連携・受入 ホールアース自然学校
このページ先頭へ